赤ちゃんや子供のあせもに市販の薬は使用してもOK?

スポンサーリンク

あせもができるとかきむしってはいけないのですが、お子さんが小さいと我慢できません。

なるべく早く治してあげたいものですよね。

asemo

あせもを治すには薬を使おう!

かゆみがあるあせもを治すなら、薬を使う必要があります。

「涼しくなったら治るだろう」なんて軽く考えていると、化膿したり、とびひにまで発展してしまうかもしれません。

あせもくらいで病院に行くというのは抵抗があるかもしれませんが、お子さんの場合には病院で薬を処方してもらったほうが治りが早いです。

病院で処方される薬はステロイド系の塗り薬です。

ステロイド系というと副作用が気になるところですが、ステロイド剤には強さのレベルがあります。

子供に処方されるステロイド剤はごく弱いものなので、数日程度の使用では副作用が出る危険性はほぼありません。

子供、特に赤ちゃんに対するステロイド剤の連続使用は1週間以内が望ましいとされていますが、あせもならほとんどの場合2、3日で治ってしまいます。

もし、1週間たっても治らない場合は、医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

▶︎赤ちゃんのあせもにワセリンが一番効果的?症状を即緩和できる!

あせもに市販薬は効果がないのか?

あせもに効く市販薬は確かに販売されています。

主にステロイドを含んでいないものが多いので、一見するとこちらのほうが子供にはよさそうに思えます。

しかしながら、こういった市販薬は処方薬に比べて効き目が弱く、あせもの症状が長引くことも多いです。

もちろん、効き目がないわけではないので、あせもの症状が軽い場合なら市販薬を塗って様子を見るのもひとつの手です。

その場合は、薬剤師にしっかり症状を説明し、薬の説明を受けてください。

お子さんが小さい場合は特に重要です。

あせもの治療に市販薬を使ってはいけないということはまったくありません。

しかし、かゆみにお子さんが我慢できないようなら、かきむしってしまう前に薬を処方してもらった方が早く治ることも少なくありません。

ステロイド剤は症状が悪化しないように早めに治すことが目的です。

使用方法を間違ったり、長期使用しなければ副作用の心配はまずありません。

処方薬と市販薬を上手に使って、子供のあせもに対処しましょう。

▶︎乳児や子供のあせも対処法!ベビーパウダーで十分?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ