乳児や子供のあせも対処法!ベビーパウダーで十分?

スポンサーリンク

気温が上がってきて汗をかくようになってくると、問題になるのが「あせも」です。

特に、小さなお子さんがいる家庭は対策が必要になります。

そこで、あせもの効果的な対処法をご紹介します。

asemo

子供にあせもができやすいのはなぜ?

実は、大人にもあせもはできるんです。それにも関わらず、子供特有の皮膚トラブルだと思われているのには理由があります。

単純に、大人より子供の方があせもができやすいんですね。

子供にあせもができやすい理由は2つあります。

ひとつは汗腺です。

あせもは大量に発汗した汗が、表皮に出てくるまでの通り道に溜まってしまうことでできます。

汗腺の数は生まれたときに決定されるため、大人も子供も同じだけの汗腺を持っています。

しかし、表面積は子供の方が小さいため、それだけ汗腺が密集しています。

ですから、大人より汗をかきやすいんです。

また、子供の肌は成長段階にあり、大人よりバリア機能が発達していません。

そのため、汗による刺激にとても弱く、あせもができやすいといえます。

スポンサーリンク

▶︎子どものあせもに良く効く薬ランキング!

あせもができないようにするには? もし、できてしまったら?

あせもを予防するには、一番には汗をかかないようにすることですが、夏場には難しいですよね。

現実的には、汗をかいたらすぐに汗を拭きとるようにしたり、着がえるようにするとあせもの予防に効果的です。

また、早めにシャワーをあびて、しっかり汗を流してしまうのが最もあせもの予防になります。

それから、夏場は下着等に綿製の吸湿性と通気性の高い衣類を使うようにしましょう。

あせもができてしまった場合には、あせもの種類によって対処法が異なります。

日本人がなりやすいあせもには2種類あり、白っぽい水膨れができる「水晶様汗疹」と赤みとかゆみを伴う「紅色汗疹」があります。このうち、水晶様汗疹は自然治癒で治ります。

問題は赤みのある紅色汗疹のほうで、これは病院でステロイド系外用薬を処方してもらった方がよいでしょう。

かゆみを伴うため、かきむしるととびひになって化膿してしまうこともあります。

かきむしらないように爪を短く切るようにし、外用薬を適切に使用すると2、3日で治ってしまいます。

▶︎熱中症の熱による後遺症は?脳に何かの障害は残ってしまうのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ