赤ちゃんのあせもにワセリンが一番効果的?症状を即緩和できる!

スポンサーリンク

柔らかい赤ちゃんの肌に、赤いあせもができているのは見ているだけでつらいですよね。

赤ちゃんのあせも対策では何が一番有効なのでしょうか?

asemo

赤ちゃんのあせもにワセリンを使ってもいいの?

あせもは汗腺から出た汗が、表皮までの通り道である汗管に詰まってしまって刺激になり、炎症を起こしている状態を指します。

特に夏場は汗管がつまりやすく、発汗もしやすいためあせもになりやすいんです。

また、赤ちゃんは身体が小さいのに汗腺の量は大人と同じなため、汗をかきやすく、肌も刺激に弱いため、あせもができやすいといえます。

ワセリンは赤ちゃんにもやさしい成分ですから、傷ついた肌を守るために使えます。

あせもができた場所を清潔にし、汗や水分をきれいに拭いてから、薄く延ばして塗布してあげましょう。

ワセリンが外部の刺激から患部を守ってくれるため、ムズムズした痒みを抑えてくれます。

ただし、ワセリンは薬ではないので、あせもを直接治してくれる効果はありません。

あくまでも皮膚の保湿と患部の保護が目的だと理解しておきましょう。

スポンサーリンク

▶︎乳児や子供のあせも対処法!ベビーパウダーで十分?

ワセリンを使っていいあせもの状態とは

しかし、色々調べてみると「赤ちゃんのあせもにワセリンを使っていい」という話と、「ワセリンは逆効果」という話が出てきて混乱してしまいます。

ワセリンはあせもで弱ってしまった肌のバリア機能を補ってくれるので、赤ちゃんの肌を刺激から守ってくれます。

ただし、ワセリンを塗ると汗管に蓋をしてしまうことにもつながり、さらにあせもがひどくなってしまうこともあるんです。

ですから、あせもができていない場所に塗ってしまうと、あせもが広がってしまう原因になります。

ワセリンが逆効果だといわれるのは、これが原因です。

ワセリンをあせもに使用するときには、あせもの患部にごく薄く塗ることを心がければ、ちゃんとあせも対策になります。

また、あまりにひどいあせもには効果が薄いです。

ごく軽いあせもができていて病院に行くほどではないけど、何かしておきたいという場合には有効ですが、激しいあせもが大量にできているという場合には素直に病院に行きましょう。

▶︎子どものあせもに良く効く薬ランキング!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ