おたふく風邪の予防接種の料金!保険の適応はある?

スポンサーリンク

おたふく風邪にはワクチンがあり、摂取して予防することが可能です。

子供でも予防接種を受けることはできるのでしょうか?

また、ワクチンの費用はいくらなんでしょうか?

otafuku

おたふく風邪の予防接種を受けておくメリットとは?

おたふく風邪は一度かかると二度とかかることはないと考えられていて、基本的には終生免疫を得られるといわれています。

ですから、子供のころにおたふく風邪に罹患したことがある場合には、すでに抗体を持っているためワクチン接種の必要は特にありません。

たとえば、小さいお子さんや子供のころにワクチン接種も罹患もしていない成人なら、ワクチン接種で90%程度の免疫を獲得することができます。

100%ではないので、ワクチン接種に意味があるのかと疑問に感じる人もいるかもしれませんが、免疫を獲得しておくと重症化や合併症のリスクを軽減することができます。

1歳以上ならどのタイミング(妊娠中を除く)でも摂取が可能です。

ただし、免疫を強化するために一定の期間を開けて2回接種する必要があります。

お子さんの場合は、3歳~6歳くらいが一番罹患しやすいので、1歳のときに1回目を受け、3歳くらいまでに2回目を受けておくといいでしょう。

おたふく風邪が流行ってからワクチンを接種しても効果がないため、早めに受けておくようにしましょう。

スポンサーリンク

▶︎大人のおたふく風邪の症状!精子が無くなる危険性は?

おたふく風邪のワクチン接種の費用はいくら?

おたふく風邪の予防接種は任意接種になるため、保険の適用外つまり実費になります。

通常5000円~7000円が相場です。

ただし、おたふく風邪は流行性があるので、特に流行している時期や地域、自治体や医療機関の方針によっては、公費助成が行われることもあります。

公費助成によっては1000円~4000円になる場合もありますが、おたふく風邪のワクチンに対して公費助成をおこなっている自治体は少ないのが現状です。

また、自治体によっては12歳~15歳以下のお子さんは無料になったり、1回目は無料で2回目は実費になったりと、医療費に関しては色々なルールがあります。

気になったときは自治体に問い合わせるか、かかりつけの病院で聞いてみるといいでしょう。

▶︎子供のおたふく風邪の症状と対応!高熱が長期間続く?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ