とびひとは?大人にも感染しうつるのは本当なのか?

とびひは伝染性膿痂疹ともいう病気です。

夏季に多く見られる病気であり、
特に子供がかかりやすいとされています。

ただし、
最近は夏以外の季節でも
見られるようになっています。

 

スポンサーリンク

 

大人のとびひが増えている?

皮膚上にあるキズに細菌が入り込んで、
かゆみが生じるようになります。

水疱ができるのですが、
それをかいてしまうと、
周囲にとびひしていくため、
とびひという名が付けられました。

 

悪玉菌のイメージイラスト

 

感染性の強い病気のため、
完治するまでは周囲の人にうつしてしまう
可能性があります。

基本的に大人は抵抗力が
比較的強いために子供のように
感染する可能性は低いのですが、
最近では大人の患者も増えています。

たとえば、
子供がとびひになってしまい、
患部の処置をしている時に
大人に感染してしまうケースもあります。

そのため、
子供がとびひになってしまった時には
不用意に患部に触れないようにしましょう。

塗り薬を使うときや
ガーゼで覆う時には
手袋をしておくと安心です。

大人がとびひになってしまうと、
子供よりも症状が重くなりやすいため大変です。

とびひになった状態で不用意に会社へ行ってしまうと、
他の社員にうつしてしまう可能性があります。

とびひを予防するためには体の抵抗力を高めて、
清潔な状態を保つしかありません。

もし子供がとびひになってしまったのであれば、
お風呂に入らせない方が良いでしょう。

タオルを共有してしまうと
そこからうつってしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

とびひになった場合は病院へ

もし自分がとびひに
感染してしまったと思ったら、
すぐに病院に行きましょう。

ちゃんと治療を受けることによって、
すぐに治すことができます。

症状が軽度であれば、
患部をガーゼで覆うことによって
周囲の人々に菌がうつってしまうのを
防ぐことができます。

きちんと医師からいわれたことを守りましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ