とびひの自然治癒で完治は可能か?大人の症状と原因について!

とびひとは
黄色ブドウ球菌や
レンサ球菌が皮膚に
感染して起きる病気であり、
水疱や膿疱をつくりだして化膿します。

 

スポンサーリンク

とびひの症状について

黄色ブドウ球菌の感染の際には水疱ができて、
レンサ球菌の場合は膿疱や痂皮が生じます。

乳幼児に発症することが多く、
特に夏場によく見られます。

にきびに悩む女性

レンサ球菌が原因のものについては
患者の数がかなり少ないのですが、
季節や年齢に関係なく発症しやすくて、
アトピー性皮膚炎の方ができやすいとされています。

皮膚に浅い傷ができると
そこに菌が感染して水疱ができるのが
原因となっています。

擦り傷や虫さされなどの浅い傷でも
原因となってしまうため気をつけましょう。

とびひによって生じた部分をかいてしまうと
それがどんどん他の部分にまで飛び火してゆき、
水疱が広がっていきます。

自然治癒をすることは
不可能ではありませんが時間がかかります。

ただし他人に感染させる可能性があるため、
きちんと治療するべきだという考え方もあります。

医師の診断を受けて、
どのように治療していくのかを
検討するべきでしょう。

水疱の数が少ない時点であれば
治療はすぐに終わります。

抗菌薬が存在しているため、
それを数日間飲み続けることによって治療できます。

 

▶︎とびひの市販薬は幼児や子供の顔に塗っても大丈夫なのか?

 

スポンサーリンク

 

水疱の治療について

既にできている水疱に関しては
内容液を抜いてから包帯をします。

完治する前に薬の内服を
中止してしまうと再発する可能性があり、
しかも耐性菌が出現することになるケースもあります。

したがって、
通常は1週間から
2週間程度ずっと薬を飲み続けることになります。

もし抗生物質を飲んでいるにも関わらず
一向に改善する傾向が現れない場合には
耐性菌が出現している可能性があります。

この場合は実際に菌を調べてみて、
有効な抗生物質を探しだしてそれを処方します。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ