とびひが大人にもうつる!塗り薬でオススメはアクアチムやゲンタシン?

とびひは皮膚の病気として有名であり、
特に子供がかかりやすいことで知られています。 

スポンサーリンク

 

とびひの感染について

皮膚にできた小さな傷から
感染してしまうことがあるため、
注意しましょう。

Acne treatment

原因となっているのは
レンサ球菌やブドウ球菌であるとされており、
アトピーの方は特にかかりやすいです。

この病気の大きな特徴は伝染性があり、
簡単に他人にうつってしまうことです。

症状の広がり方も早いため、
もしこの病気にかかってしまったのであれば、
すぐに治療を受けるべきでしょう。

とびひを治療せずに
放置したままで人が大勢いる場所に行くと、
周りの人達に菌をうつしてしまいます。

また、
とびひは子供だけが
感染するものだと考えている方が多いのですが、
実際には大人が感染する例もあります。

子供がとびひになってしまった場合、
両親にうつってしまうこともあるのです。

直接、
手で患部に触ってしまうとそれによって
菌がうつる可能性があるため気をつけてください。

 

スポンサーリンク

 

大人も怖いとびひ

とびひは子供しかかからない
病気だと考えていると、
万が一自分がとびひになってしまった時に
対処が遅れてしまいます。

とびひだと気が付かずに
誤った対処をしてしまうことによって、
症状が酷くなってしまうことも珍しくありません。

とびひの治療薬としては
ゲンタシンや
アクアチムといったものがあります。

これらは抗生剤の含まれている軟膏であり、
患部に塗ることによって
数日程度で治療できることが多いです。

ただし、
注意点として、
耐性菌が存在することがあるため、
その場合はどれだけ薬を塗ったとしても
なかなか効き目が出ないです。

もし薬を使ったにも
関わらず効果が出ない場合には
きちんと検査してもらい、
違う薬を処方してもらいましょう。

治療の際には
医師から言われたことを
きちんと守ってください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ