りんご病大人の症状はむくみ・かゆみ・しびれ・頭痛!感染からの潜伏期間は?

スポンサーリンク

りんご病と言われてもあまりピンとこない人が多いと思います。

可愛らしい病名ですが、りんご病の正式名称は伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)といいます。

両方のほっぺたが赤く染まることからりんご病といわれています。

erythema infectiosum

りんご病の症状について

春先から初夏にかけて流行り、幼児期、小学生に多く発症し、免疫を獲得しますが、稀に大人になってから発症する場合もあります。

比較的感染力の弱いウィルス感染症で、ヒト・パルボウィルスB19の初感染が原因とされています。

短期間で大流行するものではないですが、大人になってから感染するとかゆみなどを伴い、症状が重くなることもあります。

大人のりんご病は両頬が赤くなることはなく、火照った感じになる程度です。

2,3日ごろから手や腕、太ももに赤い斑点が連なって現れ、次第に強い関節痛も出始めます。

その他にも、高熱、全身の倦怠感、関節痛からくる指などのしびれ、むくみ、頭痛などの症状が出ます。

風邪に似た症状ですが、重症化すると3週間ぐらい続くと言われており、なかなか侮れません。

▶︎プール熱の新生児の症状は?園児は保育園にいつから登園出来る?

りんご病の潜伏期間は?

おもに飛沫感染で感染し、発疹が出始める1週間前が一番感染率が高いです。

ですから、発疹が出た時には感染力が失われているので、通常どおりの生活が出来ます。

感染してからの潜伏期間は約10~20以内で発症からは約1,2週間でその後回復期に入りますが、一旦良くなったように見えた症状がまた悪化し、繰り返すこともあります。

治療方法は、これといってなく、自然治癒となるのでりんご病と診断されたら、医師の指示に従い、体を休めて重症化しないように努めてください。

子供からお母さんに伝染するケースが多く、妊娠しているお母さんは非常に気を付けなければなりません。

妊娠中のりんご病は胎児に悪影響を与え、胎児が、重度の貧血を起こしたり、胎児水腫になる可能性が高くなります。

最悪の場合、早期流産の場合もあります。妊娠中はなるべくマスクを着用し、感染から身を守ることを心がけてください。

スポンサーリンク

▶︎りんご病とは?大人の予防法と免疫や抗体を調べる方法は?

りんご病に特効薬はない!?

実は、りんご病にはワクチンや薬がないんです。

ですから、もし感染してしまった場合は、対症療法を行いながら安静にしておくくらいしか治療法がないんですね。

ワクチンもないので、あらかじめ免疫をつけておくこともできません。

りんご病では高熱、倦怠感、発疹、関節痛などが症状としてあらわれるので、解熱剤やかゆみ止めといった薬が処方されます。

しかし、りんご病そのものを治す薬ではありません。

これは子供の場合でも大人の場合でも同じです。

▶︎急増しているりんご病!大人が罹った時はどうする⁉︎会社に行っても大丈夫?

りんご病では予防が大切

りんご病には治療薬がありません。

ですから、治療よりも予防が重視されます。

幸いなことに、りんご病の原因になるヒトパルボウイルスは、それほど感染力のあるウイルスではありません。

まずは免疫力を上げることが大切です。

免疫力はバランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠を取ることで高めることができます。

たとえば、ヨーグルトや納豆といった発酵食品は腸内環境を整えてくれます。

腸内環境をよく保つと免疫力が向上するので、発酵食品を食事に上手く取り入れていきましょう。

特に朝食をしっかりとると体温が上がり、免疫力を高めてくれます。

激しい運動は逆に体温が上がり過ぎたり疲労物質が溜まったりすることで、免疫力を下げてしまいます。

ストレッチやウォーキングといった軽い運動にしましょう。

おすすめなのはラジオ体操です。

オフィスでも休憩時間に3分ほどで行えることや、スマホなどを使えば動画を見ながら行えるので手軽に運動することができます。

一日の終わりには、かならずしっかり入浴して疲れを取るようにしましょう。

入浴することで眠りの質を高めることができます。

また、睡眠時間は7時間~7時間半が最も健康的といわれます。

夜更かししないように心がけましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ