アデノウイルス大人の症状は下痢と目の充血は何科に行けば良い?

アデノウイルスは、
プール熱とも言われており、
子供に多い病気のひとつです。

アデノウィルスの潜伏期間は、
感染してから5〜7日程で
風邪のような症状が現れます。

スポンサーリンク

アデノウイルスの症状と薬について

発症すると、
3日〜5日以上の高熱が
続く場合が多いものです。

薬と体温計

1週間程度高熱が
続く場合がありますが、
アデノウィルス事態に効く薬はありません。

病院での診断基準は、
喉に膿のような白または黄色のポツポツが見られ、
アデノウィルス用の検査キッドにて判定されます。

喉の唾液や粘膜を
めん棒のような物で採取して、
検査キットで陰性か陽性かを判断します。

検査による痛みや苦痛は全くありません。

大人の症状は個人差が大きいですが、
高熱や下痢になる人もいます。

また、
目やにが多くなる状態や
充血してしまう場合もあります。

症状は免疫にもよりますが、
何度でも感染する可能性があります。

スポンサーリンク

アデノウイルスの診察について

風邪の症状と目やにや充血が続く場合は、
アデノウィルスの可能性がありますので、
病院は内科を受診しましょう。

内科を受診する事で、
原因が分かりますので、
眼科には行く必要がありません。

基本的にアデノウィルスの
治療というのはありませんので、
高熱が続く状態でしたら
解熱鎮痛剤が処方されたり、
下痢が続く状態でしたら整腸剤が処方されたり、
目の調子が悪い場合は
抗生物質入りの眼薬の処方がされます。

抗生物質の薬も
処方される場合がありますが、
自然に回復するのを待つ状態になります。

1週間程度自宅療養になります。

子供の感染の時は、
学校等が出席停止の病気としていますので、
熱が下がり症状が治ったとしても
2日程度は休む事になります。

病院にてアデノウィルスの感染が
確認された場合は、
別室に移される場合もあります。

他の人に感染しないように
配慮する病院が多くなっています。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ