アデノウイルスの子供の発疹と登園時期について

子供がかかってしまうことの多い
アデノウイルスに発症してしまうと、
発疹ができる可能性があります。

スポンサーリンク

アデノウイルスは
プール熱と呼ばれることがあり、
風邪の一種です。

目に感染してしまうことがあり、
結膜炎の症状が出た場合は
プール熱と呼ばれます。

ウイルスの型によって症状が異なります。

アデノウイルス感染症について

現在49種類のアデノウイルスが発見されており、
免疫がつきにくいため
何度も感染してしまうことが多いです。

医者 健康 ウイルス

発疹以外の症状として、
はやり目や肺炎、
膀胱炎、
胃腸炎など色々な症状を引き起こします。

プール熱とよばれる症状を引き起こすものは
夏が最盛期となっていますが、
基本的には季節を問わず
感染する可能性があります。

冬場には特に蔓延することが多く、
風邪の原因となってしまいます。

アデノウイルス感染症と
似ている病気はたくさんあるため、
まずは医師に診断してもらうことが大切です。

自分達で勝手に
アデノウイルスであると決めつけてはいけません。

アデノウイルスには
今のところ特効薬は存在しておらず、
一般的に用いられているワクチンはありません。

したがって、
症状によって対症療法を行い、
症状を軽減しながら
自然治癒に任せていくしかありません。

高熱が出たり、
食欲の出ない場合にはきちんと水分を
補給させることが大切です。

スポンサーリンク

子供の登園について

アデノウイルスは
感染力のとても強い病気のため、
熱が下がってもすぐに登園させてはいけません。

基本的には、
熱が下がった後に二日程度は
様子を見てから登園させましょう。

熱は五日間程度続くことが多く、
長引くと一週間も続くことがあります。

家庭内で感染を防ぐためには
タオルの共用をしないことが大切です。

子供だけではなく大人にも感染します。

一人が感染してしまうと
周りに広がってしまうため気をつけましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ