アデノウイルスの症状で子供・乳児は下痢に!保育園にはいつからいける?

子供がよくかかる
アデノウイルスの代表的な症状として
下痢があります。

アデノウイルスは
夏風邪の一種として
流行ることが多いです。

スポンサーリンク

アデノウイルスは決まった症状が出ない?

特徴として、
熱や頭痛、
咳などがあるのですが、
それだけではなく、
腹痛や嘔吐など消化器への症状もあり、
そのために下痢が生じてしまいます。

体操の時間

多くのタイプがあるため、
決まった症状が毎回出るわけではなく、
感染したウイルスの
種類によって症状は異なります。

どのようなタイプの
アデノウイルスに感染したとしても、
安静にして、
回復を待ちましょう。

乳児がアデノウイルスで
下痢になってしまった場合は注意をしましょう。

その下痢を扱うことによって、
大人が感染してしまう可能性があるからです。

ビニール手袋などを
用いて下痢の処理をして、
その後は必ず手洗いやうがいをしましょう。

看病をしている母親が
感染してしまうと大変です。

大人は感染しても症状が
軽いことが多いのですが、
まれに重い症状になってしまうこともあります。

集団感染することが多いため、
小学校や保育園、
幼稚園などでアデノウイルスが
流行っている時には要注意です。

健康に気を使い、
手洗いを徹底されることが必要でしょう。

スポンサーリンク

感染の恐れがあるため隔離して看病を!

子供は家の中で別室に隔離して
看病をしてあげることが大切です。

子供と同じ部屋に
ずっといるとウイルスを
移されてしまう可能性が大きいからです。

熱が下がり、
下痢も治まったとしても
安心してはいけません。

感染力が強いのが
アデノウイルスの特徴のため、
二日程度は様子を見ておきましょう。

そうすることによって、
学校や保育園などでの感染を防ぐことができます。

また、
家庭内ではタオルを
共用で使わない方がいいです。

ちょっとしたことでも、
アデノウイルスは感染してしまうため注意するべきです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ