アデノウイルスの症状で大人の目が写真でみると結膜炎に!

人間は生きていると
さまざまなウイルスに
感染してしまうことがあります。

体中のあらゆるところから
ウイルスが体内に侵入してしまうため、
時には大きな症状が
引き起こされることがあります。

たとえば、
大人の方でも
よく見られる症状として
結膜炎があります。

スポンサーリンク

目の充血について

結膜が充血してしまい、
目やにがたくさん出たり、
まぶたが腫れ上がったり、
眩しさを感じやすくなったり、
目がゴロゴロするなどの症状があります。

結膜炎に罹患したビジネスマン

この結膜炎の中でも
ウイルス性結膜炎がやっかいです。

ウイルス性の場合には、
リンパ節が腫れ上がることが
特徴的な症状となっています。

ウイルス性結膜炎の中でも
アデノウイルス由来のものがよく見られます。

アデノウイルス8型
19型などに感染するといわゆる
はやり目と呼ばれる
結膜炎にかかってしまいます。

1週間程度の潜伏期間があり、
その後に症状が出ます。

痛みが伴うこともあり、
10日ぐらい症状が続きます。

後遺症が残ってしまう可能性もあるため、
必ず眼科で治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

プール熱や結膜炎の可能性も!

アデノウイルス3型
7型などに感染すると、
いわゆるプール熱という
結膜炎にかかることもあります。

アデノウイルスによる結膜炎にかかると、
目が明らかに通常とは異なる状態になります。

真っ赤に充血してしまうことになるため、
すぐに分かります。

インターネット上には
大人が結膜炎にかかった際の目の様子を
写している写真を
たくさん見ることができます。

それらを確認しておけば、
もし自分が結膜炎に
かかってしまった時には
一発で分かるでしょう。

自然治癒を選択するのではなくて、
きちんと眼科医に診断してもらいましょう。

そして、
どのように対処すればいいのか
専門家からの意見を聞いて、
それにしたがってください。

自分の勝手な判断で行動すると悪化します。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ