アレグラドライシロップの発売日は?新薬の副作用や味について!

花粉症薬として多くの方が用いている

アレグラという薬がありますが、

2015年の1月19日に

アレグラのドライシロップ製剤が

発売されることになりました。

 

アレグラドライシロップは

元々2014年の7月に

発売予定だったのですが、

それが延期となり1月19日が

発売日となりました。

 

スポンサーリンク

 

アレグラドライシロップの特徴

 

この薬の特徴として

月齢六ヶ月から

利用することが可能です。

 

乳幼児が気軽に飲むことが

できるように

ストロベリー味となっています。

 

 

花粉症 スギの木

 

従来の薬は

子供にとっては

あまり飲みやすい薬では

ありませんでした。

 

それがドライシロップとなったことによって、

誰でも気軽に飲めるような

薬となったのです。

 

アレグラは抗アレルギー薬であり、

花粉症だけではなくて

アトピーにも効果があります。

 

そのため、大人だけではなくて、

子供にも良い効果を期待できます。

 

副作用が比較的少ない薬のため、

乳幼児に対しても

安心して飲ませることができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

アレグラドライシロップの効果について

 

効果としては

アレルギー性鼻炎蕁麻疹

皮膚疾患に効果があるとされています。

 

注意点としては、

副作用が万が一にでも生じた場合には

すぐに薬の服用をやめることが大切です。

 

そして、

きちんと病院へ行って、

どのような副作用が出たのかを

具体的に説明するべきです。

 

また、

長期間使用していても

効果が出ない場合には

使わない方がいいでしょう。

 

薬の効果というのは

個人差があるため、

多くの方にとって有用な薬であったとしても、

特定の人には

あまり効果がないということは

珍しくありません。

 

もし自分の子供に

アレグラを飲ませているのだけれども、

とても飲みづらそうにしている場合は、

アレグラドライシロップを試してみましょう。

 

味がついているため、

敬遠することなく

美味しく服用してくれるでしょう。

 

もちろん、

きちんと用量や

用法を守ることは大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ