アレグラ・アレジオン・アレロック違いについて!併用しても大丈夫?

花粉症薬として多くの方が

利用しているものにアレグラやアレジオン、

アレロックといった薬があります。

 

これらは第二世代抗ヒスタミン薬と称されています。

 

抗ヒスタミン薬とは

ヒスタミンが受容体に結合するのを

阻害する薬のことであり、

これが結果的に

アレルギー症状を抑える働きをするのです。

 

スポンサーリンク

 

花粉症の薬について

 

上記3つの薬については、

最も効果の高いのがアレロックであり、

効果がマイルドな薬がアレグラで、

この二つの中間くらいに位置しているのが

アレジオンとなっています。
もちろん、

これらのどの薬を使ったとしても、

花粉症の症状を抑えるのに役立つでしょう。

 

アレグラ アレジオン アレロック

http://blog.kumagaip.jp/article/59935474.htmlより引用

 

 

ただし、

薬に対する効果というのは

個人差があるため、

特に効果の強い薬に関しては

注意をしながら利用するべきです。
副作用は比較的少ないとされているのですが、

それでも何らかの異常が生じる可能性はあります。

 

もしも、

これらの薬を飲んだことによって、

体に異変が生じた時には

すぐに医者へ行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

眠気という副作用

 

副作用として最も多いのは眠気ですが、

上記の薬の中では

アレロックが最も眠気がくる薬であり、

アレジオンが

眠気の少ない薬となっています。

 

アレジオンとアレグラは

眠気に関しては

ほとんど同じような数値が報告されています。

 

アレグラに関しては

眠気に関する注意がされていないため、

安心して飲むことができるでしょう。

 

この3つの薬の価格に関しては

ほとんど変わらないのですが、

アレグラとアレジオンの方がアレロックよりも高いです。

 

安さを求めるならば

アレロックを飲むとよいでしょう。

 

併用に関しては、

基本的に花粉症薬を

複数利用する必要はありません。

 

どれか一つを用いて、

それで効果が出たのであれば、

それを飲み続ければいいでしょう。

 

無理に併用してしまうと危険性が高いです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ