子供のアレルギー性鼻炎!漢方・市販薬・レーザー治療どれが良いの?

スポンサーリンク

つらいアレルギー性鼻炎、特に子供の鼻がつまって苦しそうにしていると、どうにかしてあげたいと思うものです。

子供のアレルギー性鼻炎の治療には、どういったものがあるのでしょうか。

allergy

子供のアレルギー性鼻炎に市販薬を使っても大丈夫?

ドラッグストアなどで売られている市販薬を子供のアレルギー性鼻炎にも使えたら、とても便利ですよね?

子供用の市販薬も販売されているので、利用してもいいと思います。

ただし、子供は大人に比べて個人差が大きく、人によっては効き目が弱かったり、副作用が強く出たりする可能性があります。

できれば、市販薬を使う前に病院に行き、専門の診断を受けた方が安全です。

▶︎子供のアレルギー性鼻炎は食べ物で治る?オススメの食べ物は?

アレルギー性鼻炎のレーザー治療は子供でも大丈夫?

アレルギー性鼻炎では、炎症を起こした鼻の粘膜をレーザーで焼き切ることで、一時的にアレルギー症状を抑えることができます。

このレーザー手術は比較的安価で行え、入院なども不要です。

また、この手術で用いられるレーザーは人体に影響はありません。

ですから、薬の効き目が弱い人や子供にも使うことができます。

ただし、あまり年齢の低い子供には行えません。

小学校高学年以上を目安に考えてください。

また、レーザー治療は永続効果がありません。

焼き切った粘膜が再生すれば、また鼻詰まりや鼻水に悩まされることになります。

個人差がありますが、半年~2年程度で効果が切れるようです。

スポンサーリンク

▶︎アレルギー性鼻炎の手術費用は?完治はするのか?

子供のアレルギー性鼻炎で処方される漢方

基本的に子供のアレルギー性鼻炎で処方される漢方薬は、大人に使われるものと変わりません。

鼻づまりに効果的なのは「麻黄」と呼ばれる生薬で、大人では胃もたれの副作用が出やすいのですが、子供は比較的この副作用が出にくいとされています。

鼻炎で処方される漢方薬は「葛根湯加川きゅう辛夷」「小青龍湯」が有名です。

「葛根湯加川きゅう辛夷」は特に鼻づまりに効く漢方薬です。

子供には少し飲みにくいため、ただの葛根湯が処方されることもあります。

「小青龍湯」は鼻水によく効きます。

子供の場合は漢方薬の量を調整することもありますから、薬剤師や医師に処方してもらった方が効果的だと思います。

▶︎アレルギー性鼻炎の悩み!夜の子供の咳に効果的な対処法は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ