インフルエンザワクチンをおたふく水疱瘡と同時接種しても良いのか?

子供の予防接種は意外と悩んだりしますよね。

「このワクチンは摂取して良いのか?」「複数の同時摂取は良いのか?」など考えてしまう親の意見も多く聞きます。

特に、「同時摂取することにより、何か影響が出ないのか?」などの心配も多いです。

はたして、予防接種は同時に摂取してしまっても良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

日本国内での同時摂取の見解は?

日本小児科学会の予防接種の同時摂取に関しての見解は、通常的に摂取可能なワクチンは、通常値で2~9本の同時摂取が可能との見解がなされています。

以上のことから、インフルエンザやおたふく、水疱瘡のワクチンは同時摂取は可能です。

 

Influenza

 

不安な方は予防摂取するスケジュールに従いましょう

同時摂取に対しての不安が有る方は少なからず居ますので、不安な方はスケジュールどおりの間隔を空けた摂取が一番安心するかもしれません。

働きに出ている方など、日々忙しくされて居る方は、中々スケジュール通りに足を運べない場合も有ります。

突然訪れる子供の体調不良も同様です。

どうしてもスケジュール通りに運ばない場合は同時摂取する考え方も有りだと思います。

同時摂取は医学上は問題ないとされているものですので、安心して同時摂取を選択しましょう。

 

スポンサーリンク

 

意外と多い同時摂取を選択する親

ここ近年、共働き家族も増え、両親が忙しい条件下が多くなっています。

その様な背景も伴い、一度に済ませることが出来る同時摂取を選択するいる方が多くなっています。

小児科病院のホームページを見てみると、予防接種の料金表にも、同時摂取の料金がきちんと書かれていたりしますので、料金も把握しやすくて便利です。

 

▶︎子供のインフルエンザの合併症の症状は?なりやすいのは中耳炎や気管支炎!

 

親が安心できる選択を

忙しくて、楽したい人は同時摂取をお勧めします。

そうする事でスケジュールが1回分空くわけですから、忙しくしている方には大変助かると思います。

同時にワクチンを接種することへの不安が有る方は、スケジュール通りの感覚でワクチンを接種しに行きましょう。

過剰に悩む必要は有りません。各々の条件に見合った選択をしましょう。

 

▶︎2015年のインフルエンザの流行と症状は?現在流行しているのは風邪と紛らわしいB型!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ