インフルエンザB型にイナビルの効果は?48時間に使用する事!

毎年、
冬のシーズンになると
インフルエンザが流行るのですが、
実はインフルエンザウイルスには
複数の種類があります。

よく見られるのはA型であり、
こちらは毎年流行するのですが、
B型の方も流行しやすいタイプの
ウイルスとなっています。

スポンサーリンク

インフルエンザ治療薬

どちらのインフルエンザにかかったとしても、
かなり辛い症状に苦しむことになるため、
感染したのであれば早めに治療をするべきです。

風邪に罹患した男性

インフルエンザの治療薬として
用いられている薬の一つにイナビルがあるのですが、
これは感染してから48時間以内に
利用しなければいけません。

どうして48時間であるのかは、
インフルエンザの感染の仕組みを
理解すれば分かります。

インフルエンザは
体内の特定の細胞の中で増殖を初めて、
その細胞から外へ放出されると、
ウイルスが遊離してしまい、
全身に感染してしまいます。

治療薬はこの細胞から
遊離する作用を食い止めることができるため、
被害を最小限に抑えることが可能なのです。

ウイルスの遊離に関わっている
酵素の働きを無効化することにより、
治療薬は効果を発揮します。

したがって、
治療薬を飲んだからといって、
体の中にあるインフルエンザウイルスが
死滅するわけではないことを理解しましょう。

薬を飲んだ後でも熱が出たり、
その他の症状が出ることはありますが、
治療薬を飲まないよりも治りは早くなり、
症状も弱くなりやすいです。

スポンサーリンク

A型・B型両方に効くのがイナビル

イナビルは
インフルエンザウイルスの
A型とB型の両方に効果を発揮します。

吸入薬であり、
一度利用するだけで
効果を発揮するため、
とても楽です。

インフルエンザが
流行るシーズンになったり、
自分の体調を意識するようにして、
感染の疑いがある場合には
すぐに病院へ行きましょう。

イナビルを処方してもらい、
すぐに飲むべきです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ