インフルエンザにタミフルやリレンザの解熱効果は?風邪にも効くのか?

インフルエンザの治療薬として
タミフルやリレンザといった
薬を処方されることが多いです。

これらはウイルスの増殖を
抑えることが主な目的であり、
ウイルスを完全に死滅させることはできません。

スポンサーリンク

タミフルやリレンザの解熱効果について

これらの薬を飲んだ後も
きちんと安静にして、
自分の体の免疫力によって
ウイルスを破壊することが必要となります。

風邪の女性 症状 高齢者

タミフルには解熱効果があるため、
この薬を飲むことによって
熱が下がって楽になるでしょう。

一方、
リレンザに関しては
解熱効果があまり強くないため、
薬を飲んだとしても
熱が下がらない場合があります。

しかし、
そもそもこれらの薬は
インフルエンザの症状を抑えるのが
主な目的ではありません。

解熱をするための薬ではないため、
大きな解熱効果を期待するのは
間違えています。

また、
体内で感染している
ウイルスを倒すためには
体温を上げて免疫細胞の働きを
活発にさせることが必要です。

そうしないとウイルスを
完全に破壊することができなくなり、
余計に症状が長引いてしまう結果となります。

スポンサーリンク

服用時間について

基本的なこととして、
タミフルやリレンザといった治療薬は
感染してから48時間以内に
服用を開始しないといけません。

それ以上時間が経過してしまうと、
薬を飲んだとしても
効果が出ないことが多いです。

また、
タミフルやリレンザといった治療薬は
一般的な風邪にも効果を発揮することがあります。

ただし、
これはインフルエンザの
可能性があるけれども、
風邪かもしれず、
どちらか区別をつかない時に
処方されます。

初めから明らかに
風邪だと分かっているような
患者に対してタミフルや
リレンザといった薬が処方されることは
ありません。

基本的にこれらの薬は
インフルエンザを治療するための
薬であることを理解しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ