インフルエンザワクチンは乳児には効かないのか?

そろそろ、インフルエンザの予防接種の季節になってきましたね。

皆、一斉に受け始めるので、予防接種の予約などが取れなかったりでヤキモキすることもあるでしょう。

どうせならインフルエンザに罹らず冬を乗り切りたい!そんな気持ちでいっぱいですよね。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザワクチンは乳児に効かないのは本当か?

 

influenza

インフルエンザに罹ると本当に辛いですし、人にうつしてしまうのも心苦しいものです。

小さなお子様をお持ちの方なら、家族揃って予防接種を受ける人も多いことでしょう。

でも、そういえば子供の予防接種はいつから受けてもいいのか?乳児の場合、受けさせるべきか?悩みどころですよね。

ほとんどの小児科では、生後6か月(満6か月)から予防接種を受けても良いとされています。

何故、その前に受けてはいけないのか?調べたところ、インフルエンザワクチンは乳児に効かないというような内容が出てきました。

深く掘り下げますと、生後6か月未満の乳児には免疫力が不十分なために、抗体ができにくいとされているからなんです。

また、1歳未満の子供のワクチンの量も一因ではないか?ともいわれていて、欧米の0.25mlに対して、日本は0.1mlと少ないのです。

このことに関しては、見直しを検討していくようです。

また、インフルエンザの他に重要な「三種混合」「麻しん風疹」「ヒブワクチン」「肺炎球菌」などの、抗体が出来ることが明らかになっている予防接種を優先させることがベストです。

 

スポンサーリンク

 

▶︎インフルエンザA型にイナビルは効かない?B型にも効かないのか?

 

乳児にインフルエンザをうつさない為に

ここで重要なのは、乳児にインフルエンザをうつさない為に「家にウィルスを持ち込まない」ことが大切なんです。

乳児以外の家族がきちんと予防接種をうけて、うがい手洗いをまめにし、十分な湿度を保った部屋の環境づくりも徹底しましょう。

冬は、クリスマスやお正月などイベントが多い時期ですが、乳児の外出はなるべく控えてあげてください。

外出先で感染も十分ありえます。

すでに、集団生活をしている乳児については、可能であれば小児科の先生とよく話し合い、早めに予防接種のスケジュールを立てておくことが肝心です。

 

▶︎インフルエンザに子供がリレンザを予防として使用した際の効果は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ