インフルエンザの予防接種で副作用で大人は吐き気(嘔吐)や腫れ・倦怠感!

インフルエンザの
予防接種後に注射をしたところが
赤く腫れるのは、
副作用の代表的な症状です。

予防接種を受けた方の
10~20%が注射したところに腫れが現れています。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種後の症状~腫れ~

腫れの原因として、
まず考えられるのは
体の中で抗体を作ろうとしている
作用によるものです。

Children receive an injection

ですから、
予防接種の注射を
したところが赤くなって腫れたり、
かゆみや痛みを感じた場合、
基本的には特別なことはせず、
余計な刺激を与えないのが一番いいと言えます。

どうしても気になるなら、
冷やしましょう。

氷や保冷剤、
冷湿布を腫れたところに当ててください。

ただし、
腫れが肘や肩を越えて広範囲に及ぶ場合には、
ワクチンに対して過剰な
アレルギー反応が生じている可能性がありますので、
病院を受診してください。

抗アレルギー剤の内服や点滴、
静脈注射を行なう必要があります。

アレルギーの原因としてあげられるのは、
卵とチメロサールです。

いずれもワクチンの製造過程で使用されるものです。

使用される量はごく微量であり、
ほとんどの場合は問題がないとされていますが、
これらに対して
重度のアレルギーがある方は注意が必要です。

スポンサーリンク

チメロサールについて

チメロサールとは、
ワクチンを安定化させる物質、
すなわち、防腐剤の1種で、
主成分はエチル化水銀(水溶性)です。

水銀といっても、
水俣病の原因となった
メチル化水銀(脂溶性)のような
蓄積性は無いとされています。

インフルエンザワクチンを
接種するたびに腫れが強く起こるようならば、
チメロサールを除去した
ワクチンで接種を受けると良いでしょう。

日本での主流はチメロサール入りワクチンですが、
阪大微生物研究所製や
北里大学製などのワクチンは
チメロサールを除去したワクチンです。

それらのチメロサール除去ワクチンを使用している病院もあります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ