インフルエンザの予防接種で副作用!大人は発熱・頭痛と喉の痛みが出る!?

インフルエンザの予防接種後に
次のような症状が現れることがあります。
発熱、頭痛、関節痛、寒気、鼻水、下痢、喉の痛み、
めまい、動悸、吐き気、嘔吐などの症状。

スポンサーリンク

これらの風邪のような症状は、
インフルエンザワクチンを
接種した方の5~10%にみられるものです。

発熱は、微熱程度の場合のみならず、
38度くらいの高熱が出ることもあります。

インフルエンザの予防接種後に現れる全身的な症状

風邪のような症状が現れると、
インフルエンザワクチンの接種によって
インフルエンザにかかったのではないか?
と心配される方もいますが、
ワクチン接種によって
インフルエンザを発症することはありません。

Pediatrician and patient.

インフルエンザワクチンは、
インフルエンザウイルスの活性を失わせ、
免疫をつくるのに必要な成分を
取り出して病原性を無くして作ったものです。

ただし、
ワクチン接種は、
もともとウイルス等の微生物そのもの、
または、
その一部を体内に強制的に注入し、
異物と認識させて免疫反応を呼び起こし、
これによって抗体を作らせる一連の反応ですから、
体に負担はかかります。

その結果、
全身的な症状が現れることが出てきます。

風邪のような症状は通常2~3日で回復します。
ただし、
風邪のひき始めと思われる人、
肝臓や腎臓、
心臓などの病気をかかえている人、
血液の病気をかかえている人などは、
症状が強く。

また、
長く現れることがありますので、
接種はできるだけ体調の良いときに受けるようにし、
接種前に医師とよく相談してください。

スポンサーリンク

予防接種の際にアレルギーを確認する事!

過去の予防接種の際に
2日以内に発疹やじんましんが現れた人、
薬や鶏卵・鶏肉などで皮膚に発疹が現れたり、
体に異常をきたしたことのある人は、
アナフィラキシーと言って
アレルギーの過剰反応が原因で起こる症状が
接種後に現れるおそれがありますので、
接種前に医師と十分に相談してください。

アナフィラキシーは、
予防接種の直後から
約30分以内に急激に進行しますので、
卵アレルギーの人や過去の予防接種の際に
発疹やじんましんが現れた人は、
接種後30分間は、
接種した医療機関で安静にして様子を見ながら、
いつでも医師に連絡できるようにしてください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ