インフルエンザの予防接種の効果と持続期間!受験生や子供はいつからが良い

インフルエンザが流行る季節、
受験生や子供では
特にインフルエンザにかかることに気を
尖らせることでしょう。

スポンサーリンク

受験備えて予防接種をしましょう!

インフルエンザワクチンの予防接種は、
インフルエンザにかかる確率を
100%防止する効果はありませんが、
インフルエンザの発症をある程度予防する効果や、
インフルエンザ脳症や
肺炎といった症状の重症化を
防ぐ効果があるとされています。

受験票を持って喜ぶ中年男女と男子中学生

また、学校など集団が集まる場合において、
インフルエンザワクチンの
予防接種により感染の拡大を
予防することが期待されます。

現在日本で使われている
インフルエンザワクチンは、
ウイルスの感染力をなくす
不活化という処理がなされたものです。

これを接種することで、
体の持つ防御機能のはたらきによって
インフルエンザウイルスに対する免疫ができ、
実際にウイルスに感染したときに
発症や重症化を抑える効果があるのです。

この免疫ができるまでの期間は、
インフルエンザワクチンでは
2週間ほどかかると言われています。

逆に言うと、
接種後2週間以内であれば
インフルエンザにかかることを
予防する効果は期待できません。

スポンサーリンク

日本でのインフルエンザのピークは?

日本での流行時期は11~翌年4月
特に流行るのは1月~2月頃と言われていますので、
流行する季節から逆算して、
早めの予防接種が必要となります。

インフルエンザの予防接種による免疫の効果は、
およそ5ヶ月程度の持続期間があると言われています。

受験生では、
受験当日に体調を崩さないことはもちろん、
受験前の大切な時間を無駄にする可能性を減らすためにも、
予防接種を受けることにより
発症の確率を減らすことが有益であると言えるでしょう。

インフルエンザの感染を減らすには、
手洗いやマスクの着用、
バランスのよい食事や十分な睡眠を取ること、
人混みへの不要な外出を避けることなどがあります。

上手く対処して、
インフルエンザにかかることなく冬を乗り切りたいですね。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ