インフルエンザ2014年の予防接種後に風邪の症状!余計に悪化する可能性は!

インフルエンザの
予防接種を受けたあとに、
風邪を引いたという方が結構いらっしゃいますが、
これは本当に風邪なのでしょうか?

スポンサーリンク

風邪の症状として挙げられるのが、
発熱や鼻づまり、
鼻水、咳、頭痛などです。

インフルエンザの副作用について

インフルエンザの副作用は、
発熱や喉の痛み、鼻づまり、鼻水、
咳などのほかに
倦怠感や筋肉痛や頭痛です。

The doctor gave children vaccination needle

風邪症状とインフルエンザの
予防接種の副作用は非常に似ているので、
2014年にインフルエンザの予防接種を受けたあと、
風邪をひいたと思っている方!

それはもしかしたら、
副作用かもしれません。

しかし、
潜伏期間中に
予防接種をしたかもしれませんし、
偶然に風邪のウイルスや菌をもらった
という可能性も考えられます。

ですので、一概に副作用と
断定することはできないでしょう。

予防接種後に風邪症状が出たのに、
そのままほおっておくと
症状が悪化してしまうこともあります。

また、インフルエンザウイルスの抗体を
作っている最中に薬をのんでしまうと、
抗体がつきにくくなることもあるようです。

なので、風邪の症状が見られたら、
早めに病院を受診するようにしましょう。

せっかくインフルエンザの
予防接種をしたのに、
悪化してしまったら元も子もないですもんね。

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンの効果を高める食べ物

インフルエンザワクチンの
効果を高める食べ物として、
カスピ海ヨーグルトがあります。

カスピ海ヨーグルトには
クレモリスFC株が配合されているのですが、
これが免疫力をアップさせ
ワクチンの効果を高めてくれるのです。

また、クレモリスFC株は
インフルエンザの予防という働きもしてくれます。

体内の免疫力をあげることが、
病気の悪化から身を守る方法ですので
普段から免疫力アップを心がけましょう。

そのためには規則正しい生活、
適度な運動、
バランスのとれた食事が大切です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ