インフルエンザの予防接種2014年は副作用は腫れと発熱と下痢と頭痛は本当!

予防接種に関して気になることの一つに
副作用があるのかどうかです。

スポンサーリンク

予防接種というのは、
インフルエンザを体の中に強制的に注入して、
それに対する免疫反応を呼び起こして、
抗体を作らせるために行います。

これによって、
一度受けたことのあるウイルスに対しては
抵抗できるようになるのです。

インフルエンザの重傷かを防ぐには

インフルエンザに関しては
感染を防ぐことは難しいのですが、
抗体があらかじめできているために
重症化を防ぐ効果があります。

Mother checking temperature of sick daughter by hand

このように、
直接ウイルスを体の中に入れるのが
予防接種なので、
これによって副作用が生じるのは
当然のことです。

もちろん、
副作用には個人差があるため、
まったく平気だという人もいれば、
重い症状が出てしまうケースもあります。

2014年にインフルエンザの
予防接種を受けた人の中には、
腫れや発熱、頭痛、下痢などの
症状が出たという人がいます。

これらの症状は
予防接種が原因となって
引き起こされるとは限らないのですが、
予防接種をした後すぐに何らかの症状が出た場合は、
それは副作用である可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの副作用について

予防接種を受けると
必ず副作用が出てしまうと
勘違いしている人がいますが、
実際には10人に
1人か2人程度の割合となっています。

また、副作用が出たとしても
数日内には症状がおさまるように
なっているため安心してください。

しかし、
症状が重くなってしまった場合には
医師に相談をしましょう。

予防接種の際に利用する
ワクチンは不活化されているもののため、
これによってインフルエンザに
感染することはありません。

予防接種の副作用として
もしも注射の跡に大きな腫れが出た場合は
気をつけてください。

これはアレルギー反応が
起きている可能性があるため、
すぐに病院へ行きましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ