インフルエンザ2014年は学級閉鎖!神奈川横浜市や世田谷区でも被害が!

寒さが強まるにつれ、
インフルエンザが流行する季節となりました。

関東地方でも、
東京都世田谷区では9月の第2週から、
神奈川県横浜市内では10月末から、
小学校で学級閉鎖が起こっています。

学級閉鎖の件数は次第に増加傾向にあり、
既に流行は始まっていると言えます。

スポンサーリンク

厚生労働省もインフルエンザ対策を開始

厚生労働省も11月に入って、
今冬のインフルエンザ対策についての
ホームページ情報を更新しています。

インフルエンザ 学級閉鎖 神奈川

http://www.mhlw.go.jp/より引用

最新の情報に注意して、
感染拡大のリスクを減らしていきたいものです。

インフルエンザの集団感染を予防するためには、
ワクチンの予防接種が効果があるとされています。

ただ、インフルエンザワクチンによる
免疫の効果が現れるまでには2週間ほどかかるため、
接種後早い段階でインフルエンザに
感染してしまうと発症してしまう場合もあります。

その他の予防策としては、
流水や石けんで手洗いをしたり、
アルコールで手指を消毒したりすることが
挙げられます。

また、
不織布製のマスクを
着用することで感染をある程度防ぐことができます。

マスクを着けることは、
特に感染している方が他者に
ウイルスをうつしてしまうことを防ぐことで、
集団感染のリスクを減らし、
学級閉鎖などを抑制することにつながります。

スポンサーリンク

感染予防対策に力を入れる事!

人混みや繁華街などへの
不要な外出を避けることも、
ウイルスに接触する機会を減らすことで、
感染予防効果が期待できます。

体力が落ちて免疫力が低下していると、
インフルエンザウイルスに感染したときに
発症してしまう可能性が高まります。

十分な休養や睡眠を取り、
栄養バランスの取れた
食事を摂取するようにすることで、
病気に対する抵抗力をつけることも大切です。

冬場は空気が乾燥するので、
濡れタオルや加湿器を利用して室内を
50~60%の適切な湿度に保つことも有用です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ