インフルエンザはマスクで防げる?予防の為に感染経路を知っておこう!

普通の風邪とは違い、感染してしまうと、症状的にも凄く辛く、とても厄介なのが「インフルエンザ」ですよね。

感染力も強いので、学校などで感染者が増えて学級閉鎖になったりもします。

インフルエンザに感染すると学校や会社には行けないので、日常生活への支障も大きい病気です。

近年、インフルエンザなどの予防策として、マスクを着用する人が増えています。

感染力の強いインフルエンザに対して、マスクなどは予防策として効果的なのでしょうか?

そして、感染経路はどのようなものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

マスクは着用したほうが良い?

influenza

風邪などもそうですが、インフルエンザも感染経路の1つに、くしゃみや咳などがあります。

くしゃみや咳などの中にはウイルスを含む飛沫が2メートルくらいの距離に飛来します。

その数10万~200万個といわれています。

これらが鼻や口に入ることにより感染する可能性がありますので、マスクはその予防策には少なくともなると言えるでしょう。

 

▶︎風邪に効果的な即効性のある治し方は×××!のどや鼻水にも効果的!

 

その他の感染経路、接触感染

感染経路は他にも有ります。

例えば、感染者がくしゃみや咳を口で抑えてしまった場合は、手にインフルエンザウイルスが付着します。

その手のでドアノブなどを触ったり、人に触れたりする事で、他の人の手などにウイルスが付着して、その手の状態で口や鼻を触ったりする事で感染ししてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

感染予防に心がけましょう

風邪も同様ですが、手洗いうがいなどは小まめに行いましょう。

そして、マスクを着用して飛来して来るウイルスから防ぐように心がけましょう。

食事などの場合、1つのおかずを大皿に盛って、みんな食べる場合、各々が使っているスプーンで取ってしまうと、それも感染経路につながります。

感染者が居る場合は、取り皿に個別によそってあげる事で感染予防が出来ます。

口や手につく物は共用しないことを肝に銘じておきましょう。

なってからでは遅い恐ろしい病気のインフルエンザ。

予防をうまくして感染をしないように心がけましょう。

 

▶︎インフルエンザワクチンをおたふく水疱瘡と同時接種しても良いのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ