インフルエンザ薬!イナビルとリレンザの使い分けと併用について

インフルエンザ薬として
イナビルとリレンザという
二つの薬があります。

これらはどちらも感染細胞から
インフルエンザが遊離するのを
阻害する効果があります。

そのため、一度感染した方が
これを利用することによって、
インフルエンザウイルスの増殖を防ぐことができます。

スポンサーリンク

リレンザとイナビルについて

リレンザは昔からある薬であり、
イナビルは新規に誕生した
新しい高インフルエンザウイルス薬です。

バイ菌

そのため、
リレンザよりもイナビルの方が
より強い効果を示すことが
予想されています。

たとえば、
季節性のインフルエンザウイルスに関しては
リレンザよりも強い効果のあることが
報告されています。

ただし、
実際の利用例はまだ少ない状態のため、
リスクの高い患者に対しては
イナビルよりもリレンザが使われることが多いです。

リレンザの場合は
これまでに多くの実績があり、
リスクが少ないことが分かっているため、
信頼されている薬なのです。

イナビルもリレンザは
どちらも吸入タイプなのですが、
リレンザは5日間吸入しなければならないのに比べて、
イナビルは一回で十分です。

そのため、
イナビルはとても便利なのですが、
熱が再発してしまうことがある点が
デメリットとなります。

使い分けに関しては
基本的に医師の指示に
従うことになりますが、
医師によってどちらを選ぶのかは異なります。

スポンサーリンク

薬の併用は不可!

実際にはリレンザを
選ぶ医師が多いのですが、
最近はイナビルを
利用する医師も増えています。

イナビルの利点として
特に子供の場合は一回の服用で
良いためとても楽です。

子供に服用させるのは大変であり、
リレンザの場合はそれを
5日間ずっと繰り返す必要があるため、
親の負担は大きいです。

また、
基本的にインフルエンザ治療薬は
併用するものではなく、
どれか一つだけを使います。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ