インフルエンザの食事に韓国人はキムチを食べるのか?

インフルエンザになってしまった時でも
韓国の方はキムチを
食べることが多いです。

実はキムチは
インフルエンザをはじめとして
ウイルスを撃退する効果があると
注目されています。

スポンサーリンク

キムチのウイルス効果

韓国の報道によれば、
キムチには唐辛子がたくさん使われており、
これが白血球の機能を高めてくれるため、
ウイルスに対抗するための
力をつけることができるとされています。

キムチ

唐辛子は料理の際に
熱を加えたとしても
その成分が壊れないという特徴があり、
とても体に良いことが分かっています。

元々、
韓国では新型インフルエンザや
サーズといったウイルス性の病気が
蔓延しにくいことが分かっていました。

その大きな理由の一つとして、
韓国ではキムチを食べる習慣が
とても根付いているため、
それによってウイルスを
やっつけているという説が有力なのです。

キムチはインフルエンザ予防だけではなくて、
実際にインフルエンザに
かかってしまった場合にも
効果を発揮します。

ただし注意点としては、
せきが酷い場合には
キムチを食べてしまうと
唐辛子によってのどが
強い刺激を受けてしまいます。

インフルエンザの症状によって
のどに痛みを感じている場合いは
キムチを食べるのを
やめた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

キムチの食べ方について

おすすめの料理法としては、
キムチをそのまま食べるのではなくて、
たとえば鍋に入れることです。

元々、
鍋はきちんと食材を温めて、
柔らかくして消化しやすい状態にするため、
インフルエンザの時に
適した料理であるといえます。

キムチを普段から食べている方は
インフルエンザになりにくいとされているため、
たとえインフルエンザが治ったとしても
キムチを食べる習慣をつけましょう。

また、
キムチだけではなくて、
ヨーグルトや納豆といった食べ物も
インフルエンザ予防に良いです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ