インフルエンザA型にイナビルは効かない?B型にも効かないのか?

インフルエンザの治療薬には
タミフルやリレンザといった
治療薬があるのですが、
その中でも新しいものとして
イナビルがあります。

こちらの治療薬は
インフルエンザウイルスのA型と
B型に効果があるとされている薬です。

スポンサーリンク

イナビルは本当に効かないのか?

2010年に認可されたものであり、
国内では4番目となっています。

咳・くしゃみをする子供

吸入タイプの薬であり、
一回吸入するだけで治療効果を得ることができるため、
飲み忘れることがなく、
とても楽に利用できるのが特徴です。

インターネットで調べてみると、
このイナビルが効かないという書き込み
存在しています。

実際にこちらの薬を利用したのに
インフルエンザの症状が
改善されなかったという方は
少なくないのです。

そもそも、
治療薬というのは
100%効果を期待できるものではなく
効き目には個人差があります。

また、
インフルエンザの治療薬は
基本的に発症してから
48時間以内に飲まなければ
意味がありません。

したがって、
効き目がなかったという方の中には
実は薬を飲んでいた時には発症して
48時間が経過していたというケースがあります。

スポンサーリンク

熱が下がらない理由は免疫力の強化?

こちらの薬は
症状をなくすためのものではなくて、
インフルエンザウイルスが
感染細胞から遊離しないようにする薬です。

そのため、
症状が治らなかったとしても、
薬の効果は出ている
可能性があります。

熱が出ていて、
治療薬を飲んだのに
熱が下がらなかったとしても、
それは特に問題ないのです。

熱によってインフルエンザウイルスと
戦うための免疫力を
強めることができるため、
むしろ熱は下げない方が良い
という考え方もあります。

インフルエンザウイルスの
治療薬としての
イナビルの効果は確かなものがあるため、
処方されたのであれば
きちんと使いましょう。
そして、安静にして治療に
専念しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ