インフルエンザB型の初期症状は鼻水と咳?

インフルエンザB型は
A型に比べると流行することはありませんが、
それでも数年に一度は
猛威をふるうことがあります。

スポンサーリンク

インフルエンザB型!

A型よりも症状が軽い点に特徴があり、
風邪の症状と似ていることから、
見分けがつかず、
後になってインフルエンザだったことが
発覚するケースも多いです。

風邪のため診察を受ける女の子

しかし、
子供の場合は症状が
重くなる可能性もあるため、
甘く見てはいけません。

季節的にも冬に流行することが多く、
初期症状から風邪だと
判断してしまい対応が
遅れてしまうことがあります。

初期症状としては、
発熱やさむけ、
悪寒、
ふるえ、
倦怠感といった症状があります。

咳が頻繁に出るようになったり、
痰がからみやすくなることもあり、
すぐに症状が出たことが分かります。

ただし、
これらの症状は
普通の風邪をひいた場合でも
生じてしまうため、
少しでもインフルエンザの恐れがある場合は
病院で診察を受けましょう。

インフルエンザB型はA型よりも
消化器官や気管支などに
炎症が生じやすいとされています。

これらの症状が出てしまうと
非常に苦しい状態になってしまうので
気をつけましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の見分け方!

インフルエンザと
一般の風邪を見分けるための
ポイントとしては、
38度以上の発熱や
激しい悪寒がある場合です。

咳や鼻水といった症状だけでは、
普通の風邪の症状と変わらないのですが、
急激な発熱や悪寒に関しては
あまり風邪の症状としては見られません。

基本的にインフルエンザB型は
人から人への感染経路が
全てとなっているため、
予防をきちんとしましょう。

人の多い場所を訪れた後には
ちゃんと手洗いやうがいをすることによって、
感染を防ぎましょう。

また、インフルエンザB型は
予防接種の効果が
大きいことが分かっているため、
ワクチンを打ってもらうこともおすすめです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ