インフルエンザへの効果!タミフルとリレンザとイナビルの違いを比較!

インフルエンザ治療薬として
特によく用いられるのは
タミフルとリレンザ、
そしてイナビルの3つです。

スポンサーリンク

3つの処方薬

病院へ行って、
インフルエンザであると診断されれば、
この3種類のうちのどれから
一つの薬を処方されるでしょう。

Doctor pill

それぞれにはメリットと
デメリットが存在しているため、
その違いを理解しましょう。

まず、
タミフルはこれまでに
小児や幼児への
投与実績がかなりたくさんあり、
服用をするのは簡単であり、
保存をすることも可能であることが
メリットとなります。

ただし、
デメリットとしては、
中枢毒性の疑いがあり、
患部に薬剤が到達する量が少なく、
タミフルに耐性を持っている
ウイルスは多いです。

次にリレンザですが、
こちらは患部に届く薬剤の量が多く、
中枢毒性の疑いはなく、
安全に利用することができます。

これまでには小児への
投与実績が多いため、
子供にも安心して与えることができます。

ただし、
リレンザは服用をするのが難しいため、
呼吸器疾患のある患者や
重症者が服用をするのは難しいです。

また、保存可能な期間が短くて、
投与回数が多くなってしまうのは
デメリットであるといえます。

スポンサーリンク

イナビルについて

イナビルは危険性が少なく、
大きな効果を期待できる治療薬となっています。

投与は一回だけで
済むためとても楽なのですが、
服用をするのは難しいです。

これまでに小児への投与実績は
あまり多くないために
子供に飲ませるのには
抵抗があります。

このようにそれぞれメリットと
デメリットがあるのですが、
基本的に医師や薬剤師が
それぞれの患者に最適なものを選んでくれます。

そのため、
医師に選んでもらったものを
指示通りに使用していれば安心できるでしょう。

患者の状態によって、
適した治療薬の種類は異なっているため、
専門家の意見をしっかり聞きましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ