風邪とインフルエンザの違い!初期症状で気づく2つのポイント

スポンサーリンク

インフルエンザは、日本では11~12月に流行が始まります。

ピークは、例年、1~3月。

インフルエンザから早く回復するには、適切なタイミングで受診して、早期に治療を開始することが大切です。

ただし、インフルエンザの症状には、風邪と似通ったものが少なくありません。

そのため、忙しさにかまけて、治療が遅れ、重症化することがあります。

初期症状で、風邪とインフルエンザの違いを見分けることは、できるでしょうか?

kaze

インフルエンザは急激に症状が出る

インフルエンザと風邪の違いは、症状の進行の仕方です。

風邪は、ゆっくりと症状が進行します。

風邪の主な症状は、くしゃみ、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなど。

いわゆる上気道症状です。

これらの症状は、風邪をひいてから、ゆっくりと進行していきます。

熱が出ることもありますが、微熱程度です。

インフルエンザは、風邪とは違い、症状が急激に進行するのが、特徴です。

前触れなく熱が出ます。

しかも、高熱です。

38℃以上の熱が、突然出るのが、インフルエンザの特徴です。

 

→インフルエンザ2016年の流行は早い?C型の症状って何?

 

インフルエンザは全身症状が先に出る

インフルエンザでは、高熱が出ると同時に、全身の倦怠感や食欲不振などの全身症状が現れます。

強い悪寒、関節痛、筋肉痛、頭痛などの症状も、高熱とともに、現れることが多い症状です。

やや遅れて、風邪のような症状も見られるようになります。

咳、喉の痛み、鼻水などの呼吸器症状が現れます。

吐き気のような消化器症状が見られる場合もあります。

インフルエンザでも、咳や鼻水などの上気道症状から始まるケースもあります。

ただし、この場合は、風邪とインフルエンザの合併症から来るものとされています。

 

スポンサーリンク

→インフルエンザの子供にオススメの食事は?簡単に作れるレシピ3選

 

インフルエンザに罹ったら抗インフルエンザウイルス薬を服用

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因の感染症です。

潜伏期間は、2日前後が最も多いとされます。

体調に異変が現れると、急激に全身症状が重くなるのが、インフルエンザの特徴です。

風邪とは違うようだと感じたら、すぐに病院を受診しましょう。

インフルエンザの症状を改善するには、抗インフルエンザウイルス薬を服用します。

薬の服用は、発症してから時間が経たないほど良いとされます。

発症後すぐに抗インフルエンザウイルス薬を服用すると、服用しなかった場合に比べて、発熱期間が1~2日短くなり、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

なお、症状が改善されてきても、最低2日間は、安静を保つようにしましょう。

→インフルエンザはマスクで防げる?予防の為に感染経路を知っておこう!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ