インフルエンザの予防接種で腫れたら冷えピタで冷やす対処!お風呂はダメ?

インフルエンザの予防接種を受けた日には
入浴を控えるように以前は言われていました。

しかし、現在は、
いくつかの注意を守れば、
基本的には予防接種を受けた日も
入浴してかまわないとされています。

スポンサーリンク

予防接種を受けた日野入浴について!

予防接種を受けた日の
入浴を控えるようにとしてきたのは、
各家庭にお風呂が無く、
お風呂と言えば大衆浴場、
いわゆる銭湯に行くという頃のことです。

バスルーム

大衆浴場に行くことで、
予防接種をしたところから
細菌が入る可能性があると考えられていたため、
予防接種を受けた日の入浴は控えるように言われていました。

しかし、
現在は各家庭にお風呂が設置されているため、
予防接種を受けた日でも
入浴してかまわないということになっています。

ただし、
予防接種を受けて
帰宅した直後に入浴するのは避けてください。

接種後1時間くらい経過していれば
問題無いとされています。

スポンサーリンク

入浴の際の注意点について

入浴する際には、次のことに注意してください。

1.予防接種の注射をした部位をこすらないようにしてください。
手に石けんをつけて軽く洗う程度なら問題ありませんが、
タオルを使用するのは控えましょう。

2.長時間の入浴はせず、
入浴後に湯冷めしないようにしましょう。
温泉やサウナ、岩盤浴も短時間ならば問題は無いとされていますが、
不安なときは医師に相談しましょう。

入浴する際には、
発熱していないか、
発疹が現れていないかを確認してください。

もし、発熱していたり、
発疹が現れていたりしたら、
入浴は控えてください。

体調の変化が現れているときの入浴は、
ワクチン接種による副作用を強めてしまいます。

また、予防接種後24時間は、
大量の飲酒や激しい運動は避けてください。
体調の変化をきたす行為ですから、
ワクチン接種による副作用を強めてしまう恐れがあります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ