2014年のインフルエンザの症状は頭痛と鼻水と嘔吐と下痢!軽い微熱と咳

2014年のインフルエンザ流行シーズンがやってきました。
厚生労働省によると、
今年2014年に流行すると
予測されるインフルエンザの型は、
主にA(H1N1)亜型、A(H3N2)亜型、
B型の3種類であるとされています。

スポンサーリンク

いずれのインフルエンザウイルスに感染した場合にも、
38℃以上、ときには40℃近い高熱と、
悪寒、頭痛、関節痛、
筋肉痛などの全身症状が急激に現れます。

インフルエンザの特徴

一般的な風邪に比べると、
全身症状が強く、
突然現れるのが特徴です。

中学生の息子の熱を確認する母親

更に普通の風邪と同様に、
のどの痛み、鼻みず、
咳などの症状も現れてきます。

多くの場合では1週間ほどで
症状が治まり治癒していきますが、
子供ではまれに急性脳症を発症する場合や、
高齢者や免疫力が低下している場合には
肺炎を併発するなど、
重症化するおそれがあります。

インフルエンザを
発症しないようにするためには、
ワクチンを接種することが挙げられます。

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンについて

ワクチンには
インフルエンザの発症を抑えたり、
重症化のリスクを軽減したりする効果
あることが分かっています。

インフルエンザを発症してしまったら、
早めに医療機関を受診しましょう。

タミフル、リレンザなどの
抗インフルエンザウイルス薬の効果を
発揮させるためには、
発症後48時間以内に薬を服用することが必要です。

安静にして休養を取ること、
特に睡眠をしっかり取ることが大切です。

発熱により水分が多く失われますので、
水分補給をしっかりと行いましょう。

無理をして学校や職場に行かないようにすることで、
周りの人にインフルエンザを
感染させてしまわないように心がけましょう。

咳やくしゃみが出るときには、
飛沫感染を防ぐために他人に向けて
咳やくしゃみをしないようにすることや、
不織布製のマスクを着用することに気を配りましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ