2015年のインフルエンザの症状についての特徴!

厚生労働省は、
2014年冬~2015年初春に流行する
季節性インフルエンザの型が、
A(H1N1)亜型(2009年に流行した新型インフルエンザと同じ型)、
A(H3N2)亜型(香港型)、
B型の3つの型であると予測しています。

スポンサーリンク

インフルエンザの特徴は40度以上の高熱

いずれのインフルエンザウイルスに感染した場合でも、
38℃以上、ときには40℃近い高熱と、
悪寒、悪寒、頭痛、関節痛、筋肉痛などの
全身症状が急激に現れます。

子供の発熱

のどの痛み、咳、鼻水などの症状も併発します。

発熱や全身症状が急速に生じ、
咳、鼻水などの風邪様の症状が
遅れて発生する場合が多いことが、
普通の流行性感冒(風邪)とインフルエンザとで異なる点です。

インフルエンザウイルスは
常に構造に変化が生じています。

そのため、
過去にインフルエンザにかかった場合でも、
変異したインフルエンザウイルスによって
新たに感染・発症する可能性があるのです。

構造の小さな変異によって病原性や
病態が大きく異なることはほとんどありませんが、
10~40年に一度起こるとされている変異によっては、
インフルエンザウイルスの病原性や毒性、
亜型が全く違うものに変化してしまう場合があります。

インフルエンザを予防するためには、
ワクチンを接種することで発症・
重症化のリスクを低減する効果があるとされています。

スポンサーリンク

インフルエンザの感染に備える予防策

流水や石けんによって手洗いを行うことや
アルコールで手指を消毒することは、
ウイルスの除去に効果的です。

不織布製のマスクを正しく着用することで、
感染をある程度防止することができます。

身体が持っている病気に対する
抵抗力を高く維持するためには、
室内の湿度を50~60%の適切な値に保つこと、
十分な休養・睡眠を取り
栄養バランスのよい食事を摂ることが大切です。

流行期には不要不急の外出や
人混みを避けることにも気をつけましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ