エボラ出血熱とは?症状をわかりやすく説明すると!

最近話題になっており、
興味のある方は
たくさんいるエボラ出血熱について、
詳しい症状を紹介しましょう。

まず、
この感染症はエボラウイルス属の
ウイルスに感染すると生じてしまい、
出血熱の一つとされています。

スポンサーリンク

ウイルスの危険性!

色々な種類のウイルスが存在しており、
中には5割から8割もの人が亡くなる人もあり、
とても危険です。

エボラ出血熱とは わかりやすく

http://trend-news-gogo912.blog.so-net.ne.jp/2014-11-03より引用

これまでに人類が
発見してきたウイルスの中でも
最も危険なものとされています。

潜伏期間は一週間程度であり、
突発的に発熱や悪寒、
筋肉痛、
頭痛といった症状を呈します。

他にも嘔吐や下痢、
腹痛などが生じて、
症状が進行すると口腔や結膜、
皮膚、
鼻腔などから出血が
見られるようになります。

全身のあらゆるところから吐血や下血、
出血が見られるようになって、
最終的には亡くなります。

現在のところ、
有効なワクチンや
医薬品はないため、
早急に対抗策を
生み出さなければいけません。

ただし、
一度感染して
回復した患者の体内には
抗体があるため、
これを利用するのが
効果的な治療法とされています。

実際、
1995年にコンゴで感染が流行した際には、
回復患者の血液を
輸血したことによって、
8人中7人が回復しました。

スポンサーリンク

エボラ出血熱の重症化

エボラ出血熱は重症化してしまうと、
体内にある血小板や
白血球の数が減少してしまい、
これにともなって出血します。

人間の粘膜から
ウイルスが体内に
侵入することによって
感染するとされており、
日本での流行は考えにくいとされています。

空気感染や飛沫感染を
するような病気ではないため、
一般人が必要以上に恐れることはありません。

発症している国や
地域はそもそも衛生観念が未熟な国であり、
不衛生な環境が
形成されているためにウイルスが
蔓延する状況となっています。

必要以上に恐れることはないのですが、
これからもニュースなどの
報道を注目しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ