エボラ出血熱が報道されなくなった理由は?

一時期エボラ出血熱に
関する報道が過熱化しましたが、
最近ではあまり報道されなくなりました。

これにはさまざまな考え方があり、
一部には悲観的な見方をしていたり、
陰謀論めいた説を唱えている人もいます。

スポンサーリンク

エボラ出血熱の報道について

マスコミがエボラ出血熱を
報道するかしないかは、
視聴者が関心を持つかどうかに
大きく左右されています。

エボラ出血熱 報道
出典:ja.wikipedia.org

特にテレビ番組の場合は
報道をすることによってできるだけ
視聴率を稼ぐ目的があります。

しかし、
今のところ日本では
感染者は確認されておらず、
人々の関心が薄れているのが現状です。

確かにエボラ出血熱は
怖い感染症であることは確かであり、
実際に多くの方が被害にあっています。

けれども、
被害を受けているのは
一部の国と地域だけであり、
しかも日本とは
直接ほとんど関わりがありません。

そのような国の
出来事に関して日本人は
あまり身近な話題として考えることができず、
どうしても興味を
持続させることが難しいです。

世界中で現在エボラ出血熱について
真剣に対策が講じられており、
実際に成果も出ています。

スポンサーリンク

マスコミは悲観的な報道をしている?

マスコミは基本的に悲観的な報道をして、
視聴者の気持ちを煽り、
テレビニュースや新聞を見てもらおうとするのですが、
今のような状況では
特に報道をするネタがなく、
煽ろうと思っても煽れない状況となっています。

エボラ出血熱に関しては
世界中の研究者や
医療関係者が対策に当っており、
治療に成功している例もあります。

また、
マスコミが過度に
エボラ出血熱のことについて報道して、
人々の不安を煽るのは
好ましくありません。

報道がされなくなったのは、
それほど大きな問題に発展しそうにないと
多くのマスコミが考えているからです。

それよりも重大なニュース、
人々の関心を集めるニュースがあると
マスコミは考えているため、
エボラ出血熱の報道量は減少しています。

1・2・・>>次のページ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ