エボラ出血熱ウイルスの日本感染者の状況は?

世界中で感染者が
増加しているエボラ出血熱ですが、
今のところ日本では
感染者は確認されていません。

スポンサーリンク

エボラ出血熱問題

エボラ出血熱が問題視された時点で、
日本では早急な対応を取ったために、
仮に感染者が入国したとしても、
すぐに発見されるような
システムが整っています。

Woman doctor that examination

そもそも、
アフリカから
直接日本へ向かう航空便は一つもなく、
ロンドンやパリを
経由しなければいけません。

この時点で、
感染の可能性がある人の数は相当絞られて、
さらに入国時には
サーモグラフィーを用いて体温を確認したり、
注意喚起を行っています。

基本的にエボラ出血熱のウイルスは
日常生活を普通に送っているだけでは
感染することはありません。

感染者に直接触れて、
さらにそれが粘膜を通して
体内に侵入しなければいけません。

空気感染をするわけではなく、
一般人が感染をする可能性が
そもそもほとんどないのです。

スポンサーリンク

日本の医療体制について

日本では医療体制や
衛生環境が整っているため、
エボラ出血熱の患者が仮に確認されたとしても、
それが流行することは
ほとんどないと考えられています。

未だに感染者は日本ではいないのですが、
万が一のことを
考慮して対策が行われています。

緊急セミナーが実施されたり、
各自治体でもさまざまな備えをしているため、
安心して良いでしょう。

エボラ出血熱の報道に
接して必要以上に悲観していたり、
怯えている方がいるかもしれません。

しかし、
正しい知識を持っていれば、
落ち着いて行動することができるため、
万が一のリスクに備えることが可能です。

中には海外旅行をしただけでも
感染するのではないかと恐れている方もいますが、
たとえアフリカを旅行したからといって、
感染するリスクはかなり低いです。

現在では医療従事者が感染して、
それが広まってしまうのではないかと
恐れられていますが、
逆に言えば感染源を特定できるため、
対策がしやすいです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ