クーラー病の症状は熱・頭痛・のどの痛み?冷房を浴びないと治るのか?

スポンサーリンク

暑くなってくると冷房を使うことが増えると思いますが、同時に増えるのがクーラー病です。

何となく聞いたことがある人も多いと思いますが、具体的にはどんな症状が見られるのでしょうか?

yamai

クーラー病の症状とは? 冷え性に似てる?

クーラー病でよく見られる症状は、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、倦怠感、食欲不振などが挙げられます。

また、ひどくなると生理不順になったり、夏バテの原因にもなります。

冷え性の症状とよく似ていて、実際に冷房で体も冷えているので、勘違いしやすいです。

冷え性というと女性に多い症状ですが、クーラー病になるのは女性だけには限りません。

男性でも注意が必要です。

こうしたクーラー病の症状は自律神経の乱れによって起こると考えられていて、慢性化すると単純に体を温めただけでは治りにくくなります。

また、ひどくなると冷房の効いた部屋に入るだけで症状が出るようになるため、夏の間中症状に悩まされることになります。

スポンサーリンク

▶︎夏風邪の症状は微熱と喉の痛み?子供は長引くのか?

クーラー病の対策は?

身も蓋もないですが、冷房を使わなければクーラー病にはなりません。

しかし、最近の夏場は猛暑なので、まったく冷房を使用しないというのも難しいですし、今度は熱中症の危険もあります。

まったく使わないのが難しいときは、設定温度を高めに調節しましょう。

外気温と室温に差がありすぎると、クーラー病になりやすくなります。

エアコンの設定温度は28度前後を目安にするとよいでしょう。

ただ、自宅は自分で温度調節ができますが、オフィスやお店ではそうはいきませんね。

設定温度を調節できないときは、エアコンの風が直接あたらないように工夫しましょう。

ひざ掛けやカーディガンといった羽織ものや、特に首筋に風が当たるのを防ぐストールなどがおススメです。

カーディガンやストールは夏場でもカバンに入れておくと重宝します。

また、冷房の効いた部屋にいる間は体を冷やしすぎないように、暖かい飲み物などを用意しておくとクーラー病の予防になります。

しっかり入浴して体を温めるのも予防には重要です。

夏場はシャワーだけですましてしまうことも多いと思いますが、ちゃんと湯船につかるようにしましょう。

▶︎子供や幼児の夏風邪で咳や鼻水が止まらない場合の対処法は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ