クーラー病の原因は自律神経の乱れ⁉︎予防法には生姜とツボがオススメ!

スポンサーリンク

年々加速する夏の蒸し暑さ。

クーラーは、蒸し暑い日本の夏を乗り切る必需品です。

しかし、クーラーの設定温度は、なかなか自分の好きなように決められないものです。

上司や発言権の強い人に押されて、冷えすぎたオフィスで終日仕事をする人は、少なくありません。

夏場になると、どうにも体調が今ひとつ優れないという人は、クーラー病かもしれません。

yamai

5℃以上気温差があるところを行き来することで自律神経のバランスが乱れる

「クーラー病」は、クーラーでの冷えすぎから起こる病気です。

主な症状は、頭痛、肩こり、腰痛、疲労感、食欲不振、不眠症、むくみなどです。

慢性化すると、クーラーの効いた部屋に入っただけで、吐き気がすることもあります。

クーラーの効いたオフィスで仕事をする人や営業用の車で移動する機会が多い人が、罹りやすいとされています。

また、女性に多い病気だと言われています。

クーラーの効いた部屋にいる時間が長いことだけが問題なのではありません。

クーラーの効いた部屋と外の気温差が、より重要になります。

気温差が5℃以上になると、クーラー病を発症しやすいとされています。

クーラー病は、急激な温度変化に体が対応できないことが、原因です。

体温は、自律神経によって調整されています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は体温を下げる神経、副交感神経は体温を上げる神経です。

気温差が5℃以上あるところを行き来すると、自律神経のバランスが乱れて、クーラー病を発症しやすくなります。

交感神経は、緊張したり体が活発に動いている時に活発になる自律神経です。

仕事中は、交感神経が活発になります。

交感神経は、体温を下げる神経なので、冷えたオフィスの中で、体温は一層下がることになります。

休憩のために外に出たり、トイレに行ったりする時には、副交感神経が活発になります。

また、クーラーの効きも弱かったり、クーラー自体が効いていなかったりするため、たちまち5℃以上の気温差にさらされることになります。

そのようなことを繰り返すと、自律神経のバランスが乱れてクーラー病に罹ります。

スポンサーリンク

▶︎夏のクーラー病の治療と対策は?症状をチェック!めまい・下痢・発熱等が起こる!

クーラー病の対応方法と予防方法

外気との気温差を小さくすることが、根本的な解決になりますが、クーラーの設定気温を自分で決められない人にとっては、自分の体を温めることが、現実的な解決方法になります。

ジャケットやカーディガンといった羽織ものを着用すること、スカーフで首を温めること、腹巻をして体の中心部を温めること、膝掛けをして下半身を温めること、靴下を重ね履きして体の末端を温めることなどが、大切です。

オフィス環境で実行できるものを実践してみましょう。

オフィスワークの人は、特に下半身を温めることが大切です。

下半身は動かすことが少ない上に、冷えた空気は下に溜まるからです。

予防法としては、まずは、体を温める物を摂取することが、大切です。

オススメは生姜です。

市販の生姜チューブを1本持ち歩いていると、オフィスでも簡単にホットな飲み物を作ることができます。

紅茶やココアは、それだけでも体を温める効果がありますが、生姜を入れると、一層効果が高まります。

ココアと生姜の組み合わせは、意外性がありますが、飲んだ人からは飲みやすいと好評です。

次に、冷えを解消するツボを刺激するようにしましょう。

初心者でも見つけやすいツボとして、指間穴、虎口、八風、三陰交があります。

指間穴・虎口は、手の甲側にあるツボです。

指間穴は、人差し指から小指までの指と指の間の付け根にあるツボです。

虎口は、親指と人差し指の間で、親指の付け根付近にあるツボです。

八風は、足の甲側の指と指の間にあるツボです。

この3種類のツボは、ツボをつかむようにして少し強めに押しもみ、指先に向かって引っ張って離す形で刺激します。

1ヶ所につき10回刺激します。

三陰交は、足のくるぶしから指4本分上にあるツボです。

足と反対の手の親指をツボに当てて、足首を挟むように持って押しもみます。

3秒押して3秒離すを繰り返し、2~3分刺激すると良いとされてい
ます。

ツボを刺激するのは、湯船に浸かっている時にすると、一層効果が高まります。

夏でもシャワーだけで済ませず、38~40℃程度のぬるめのお湯にゆっくり浸かり、冷えを改善するツボを刺激してみましょう。

▶︎手のしびれや眠いというのもクーラー病が原因!自律神経がおかしくなるって本当?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ