夏のクーラー病の治療と対策は?症状をチェック!めまい・下痢・発熱等が起こる!

スポンサーリンク

夏はどうしても避けられないのがエアコン。

エアコンの風が苦手で、自宅ではエアコンを使わない人でも、職場やお店などではエアコンが効いていて、寒い思いをしてしまう場合も多々有るかと思います。

あまりに体を冷やしすぎると「クーラー病」という症状に陥り、体調を壊してしまいます。

特に女性は体を冷やしすぎると様々なバランスが崩れやすくなるので良くないです。

はたして、どのような症状なのでしょうか?治療と対策を検証してみましょう。

cooler

クーラー病の症状とは?

クーラー病とは、体を冷やしすぎる事で自律神経が乱れて生じる病気です。

自律神経の乱れは様々な病気を起こす原因にも繫がりますので、大変注意が必要です。

クーラー病と自己判断するには、症状を把握しておくことが大事です。

頭痛・肩こり・下痢、便秘などの腹痛・疲労感・発熱・めまい・腰痛・体のむくみ・不眠症・食欲減退などが主な症状です。

スポンサーリンク

▶︎手のしびれや眠いというのもクーラー病が原因!自律神経がおかしくなるって本当?

クーラー病の治療法と対処法

まずは冷房が効きすぎている環境を変えましょう。

冷やせば冷やすほど体への負担が掛かってしまいます。

エアコンばかりではなく、扇風機などをうまく活用して、部屋の室温を27度くらいに保ちましょう。

エアコンを使い際には、首などに風を当てないことが大事です。

クーラー病を防ぐには、首筋を冷やさずに過ごすことが効果的との見解が有ります。

食事などでも対策が出来ます。

夏だからと言って、冷たいものばかりを食べ過ぎないことです。

アイスやカキ氷、ビールや冷たいジュースは体の内部を凄く冷やしてしまいます。

エアコンが効いた部屋で冷たいものを取る必要は有りませんので、なるべく温かい物を摂るように心がけましょう。

自律神経を正常に保つために良いものが、軽い運動や入浴とも言われています。

軽い運動で汗をかき、気分転換にも良いでしょう。

夏は暑いからシャワーだけで済ます方が多いですが、夏だからこそ、湯船に浸かり、血行を良くして代謝を上げる事でクーラー病の予防に繋がります。

汗を程良く掻きながら、体に良い夏の過ごし方を心がけましょう。

▶︎クーラー病の症状は熱・頭痛・のどの痛み?冷房を浴びないと治るのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ