新型コロナウイルスとは?マーズ(MERS)の発症の可能性や風邪との関係は?

2012年9月に初めて報告されたウイルス性の感染症マーズ。

初の感染者がサウジアラビアで入院したのは6月13日。

第1号患者は6月24日に死亡。

新型コロナウイルスによる感染症として9月にWHOに報告されました。

 

スポンサーリンク

 

警戒が続くマーズ

マーズの症状は、発熱、咳、息切れ。

下痢を伴うこともあります。

 

主症状は肺炎。

 

死亡率が50%前後と非常に高いことで恐れられています。

2002年〜2003年に流行した

SARS(サーズ)コロナウイルスとは異なる種類のウイルスです。

 

ちなみにSARSの死亡率は約9%前後でした。

 

WHOのチャン事務局長は、

2013年5月、年次総会の締めくくりとなるスピーチで

「現在私にとって最大の懸念は新型コロナウイルスである。

一つの国だけで対処できるものではなく、

全世界への脅威の一つである。」と述べ、

治療方法はもとより、

感染方法も宿主も判明していない

新型コロナウイルスへの注意を喚起しました。

 

マスク

2013年8月時点で感染が確認された地域は、

サウジアラビア、ヨルダン、チュニジア、

カタール、UAE、イギリス、フランス、イタリアです。

 

サウジアラビアでの感染者は71人、

死者は39人と報告されています。

2014年1月時点での感染者は178人、

死者は75人です。

 

2014年5月には感染者は496人、

死者は117人。感染地域は、サウジアラビア、

カタール、クウェート、ヨルダン、アラブ首長国連邦、

オーマン、チュニジア、レバノン、マレーシア、フィリピン、

アメリカに拡大しています。

 

ただし、

資料によってカウントされる国は異なります。

たとえばイギリスの第1号患者は、

カタール人男性で、

発症数日前にサウジアラビアに旅行した後発症し、

カタールの病院からロンドンへ緊急輸送されました。

このケースでは、

イギリスとして数える場合と

サウジアラビアとして数える場合の2通りがあるのが実情です。

 

感染確認地域の特定すら、

簡単には解決できない問題が潜んでいます。

 

スポンサーリンク

 

2014念WHOの発表

2014年6月のWHOの発表では、

感染者は701人、死者は249人。

 

感染国は、サウジアラビア、

UAE、カタール、オーマン、ヨルダン、

クウェート、イエメン、レバノン、イラン。

 

旅行者による感染国は、アメリカ、

イギリス、フランス、イタリア、オランダ、

ギリシャ、チュニジア、エジプト、アルジェリア、

マレーシア、フィリピン。

他に感染後にドイツに移送された感染者が2人います。

 

多くの患者は、

突然肺炎の症状を示します。

ウイルスの潜伏期間は2.5日〜14日間とされています。

 

この新型コロナウイルスは、

2013年5月、国際ウイルス分類委員会で「MERS-CoV」と命名され、

WHOの決定を受けて、

日本の厚生労働省はウイルスの名称をMERS(マーズ)コロナウイルス、

感染症名を中東呼吸器症候群(MERS)と決定しました。

 

マーズコロナウイルスの宿主が

動物であることはほぼ間違いないとされています。

ヤマコウモリまたはヒトコブラクダが感染源動物として強く疑われています。

 

ただし、患者の中には動物との接触歴が無い人も少なからずおり、

限局的なヒト-ヒト感染が発生しているとの見方もあります。

治療ではさまざまな抗ウイルス薬が試されていますが、

現在のところ効果を発揮した薬は無いとされています。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ