インフルエンザ治療薬タミフルとは?

インフルエンザと診断された時、
現在、
多くの医師が有効な薬として
処方する薬がタミフルです。

しかしタミフルは、
インフルエンザウイルスを
殺す薬ではありません。

スポンサーリンク

インフルエンザ治療薬タミフルについて

タミフルは、
インフルエンザウイルスの
増殖を阻止する目的で開発された、
抗インフルエンザウイルス薬の1つです。

Woman in bed checking temperature

カプセルやドライシロップ(やや甘い粉薬)があり、
1日2回、
5日間服用します。

タミフルは、
インフルエンザウイルスの
増殖を抑える効果があるため、
インフルエンザの初期症状時に飲むと有効です。

殊に発熱後24時間以内に飲むと、
38度以上の高熱も翌日には
微熱程度にまで下げることが可能で、
全身の倦怠感もかなり緩和されます。

タミフルドライシロップは、
このように効果が強い薬が
子供の身体に強く反応しすぎてしまうことを避けるために、
薬の強さを少し薄めて
子供でも飲みやすいように工夫した薬です。

甘いものに溶かして飲むという
使用方法もある程度認められているので、
チョコアイスやコーヒー牛乳に
溶かして飲ませてもよいそうです。

スポンサーリンク

インフルエンザ発症後48時間たってしまうと効果がない!?

タミフルは、
インフルエンザ(A型,B型,C型の3種類があります)でも
C型には全く効果がありません。

風邪にも、もちろん効きません。

インフルエンザに効くのだから
普通の風邪にも効くだろうと思うのは、
間違いです。

病院でインフルエンザの型を判定し、
症状が明らかになってから、
医師が必要に応じて処方します。

タミフルは、
インフルエンザウイルスの
増殖を阻止する目的で開発された薬です。

ですから、
インフルエンザ発症後
48時間以内に服用することが大事です。

インフルエンザ発症後48時間以上経っていると
ウイルスが体内で増殖しきってしまっているので、
薬の効き目は薄くなります。

インフルエンザ発症後
48時間以上経ってしまった患者に対しては、
タミフルは処方しないという方針の医療機関もあります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ