デング熱症状や公園で蚊に刺されないための対策!

デング熱という言葉が最近はすごく注目されています。

聞いたことはあるけど、

いまいちデング熱について理解できていない人も多いことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

デング熱とは?

デング熱は人から人へ感染するものではありません。

蚊が夏場になってくると非常に多いですよね。

 

公園や運動場など様々な場所に存在しています。

その蚊がある一人の人物の血を吸うことになりました。

 

その吸ってしまった蚊が違う人間にチクッとまた同じように吸います。

その時に感染をしてしまうのがデング熱です。

The tiger mosquito drinks blood from

 

デング熱症状は?

デング熱の症状ですが突然高熱が出ます。

 

だいたい38度からで高い人だと

40度まで出てしまう人もいらっしゃいます。

最初の段階は全身がマヒしたかのような筋肉痛がおきてきます。

 

そしてその3日後には赤ちゃんの頃にできたような発疹が出てきます。

身体だけではなくヒドイとか顔などにできてしまう恐れもあります。

 

そこから1週間後には回復していくので、

水疱瘡にも似ていますね。

 

スポンサーリンク

 

蚊に刺されないためには?

デング熱を回避するのは蚊に刺されない事です。

蚊のせいでデング熱をもらってしまうので、

外に出ないのがいちばん良いですがそれは不可能な話でしょう。

 

ですから、

長袖を着るなどして防御するのです。

 

しかし夏に長袖を着る事なんて

暑すぎて無理な話になってしまいます。

 

ですから、

薬局などに販売している虫よけスプレーを

常に持っておくなりしてください。

 

今は無視よけスプレーも

携帯型の小さいものが販売されているので、

カバンの中にいれておくことができます。

 

とくに公園は多いですから、

塗るタイプのものを家を出る前に塗っておき、

さらに腕輪などでよけるものもあるので、

そちらも手首に装着しておきます。

 

熱い時期でも長ズボンの方が良いですね。

 

とくにお子さんは食べ物を食べて手も洗わずに外へ遊びに行ってしまいがちですが

そういった甘いものを付けた状態で遊びに出ると

虫は近寄ってきますから

きちんと手を洗ってからあそぶようにしましょうね。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ