ノロウイルスに感染した際の食事はバナナやヨーグルトがオススメ?

banana

 

寒さが増したこの季節、だんだんと体調不良を来しやすい時期になりました。

風邪やインフルエンザ、このようなものは認知度も高いので対処もしやすいですが、冬場にはノロウイルスなどの厄介な病気もあるのをご存知でしょうか?

実はノロウイルスはインフルエンザよりも厄介な病気という人も多いくらいの嫌な病気なのです。

その理由は「特効薬が無い」ということです。

本人の持っている免疫力で自然治癒するしか治療方法が無いということです。

 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスの主な症状

ノロウイルスの症状は、嘔吐や下痢などが主な症状となります。

ですので、自分自身の免疫力で回復させなければいけない病なのにも関わらず、食べれない、そして食べても嘔吐などで出てしまう為に、なかなか体力もつけられないので、長期に渡り苦しい局面に立たされてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

▶︎子供のノロウイルスが完治した後の食事はいつから普通に戻してよいのか?
 

ノロウイルスに感染してしまった際の食事などは?

症状が起こった当日などは固形などは、胃が受け付けない状態です。

水分さえも受け付けにくい状態ですので、このような段階のときは、電解質飲料などを少しずつ取るだけにしましょう。

嘔吐があるうちは糖分の強いもの、オレンジジュース、脂肪、油分が多いものは絶対に避けましょう。

胃が弱っているので確実に体は受け付けません。

嘔吐が酷くなるだけです。嘔吐が多くなってしまうと、体力が奪われてしまうので、誤った食事などで嘔吐を増やすような事だけは避けましょう。

ノロウイルスの症状は3日くらいでで治まることが多いです。

その時期に嘔吐などの症状が治まってきたら、徐々におかゆ、緑黄色野菜を細かく砕いたものを含めたスープが良いでしょう。

下痢や嘔吐が収まっている状態までになったらバナナ、ヨーグルトなどを食べても大丈夫ですが、嘔吐が続いているときのバナナなどは良くありませんので覚えておきましょう。

ノロウイルスは感染する病気です。

来るべき冬に備えて、冬の病気に備えましょう。

 

▶︎ノロウイルスを感染予防するのに効果的な3つの食事!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ