プール熱は冬でも流行する?大人の症状について!

プール熱という病気がありますが、
病気名からも分かるように
例年は夏になると流行ります。

スポンサーリンク

プール熱について

ちょうどプールに入るようになる頃の
子供に多く見られる病気のため
プール熱という名がつけられています。

プールで遊ぶ笑顔の女の子

しかし最近では
プール熱は必ずしも夏に流行るのではなくて、
冬にも流行るようになっています。

その理由として、
温水プールがあるために冬でも
プール熱の原因となるウイルスが
存在できるからです。

そのため、
基本的に一年中、
プール熱に用心をしておく必要があります。

プール熱は
プールに入ることによって、
目から感染することがあるのですが、
それ以外にもせきやくしゃみからも移ります。

唾液からも移ることがあるため、
プール熱に感染している方は
他の人に移さないように気をつけなければいけません。

感染者が触ったものに
ウイルスが付着してしまい、
それが原因となって多くの人に広まることがあります。

したがって、
たとえ症状が消えたとしても、
安心できるわけではなく、
便や尿からも移ることがあるため、
完全に拡大を予防することは難しいとされています。

スポンサーリンク

大人も注意が必要

プール熱は子供だけではなくて
大人でも感染する可能性があります。

主な症状としては発熱と目やのどの症状です。

大人の場合は症状が軽いと考えられているのですが、
まれに重症化することがあるため用心しましょう。

人によって症状には個人差があるため、
もし重症化した場合にはすぐに病院へ行くべきです。

子供がプール熱に感染した場合には
免疫を持っていない大人がウイルスを
移されてしまう可能性があります。

そのため、
できるだけウイルスが移らないように
気をつけながら看病をしましょう。

予防手段としては体の抵抗力を高めることが大切であり、
十分な睡眠をとり、
きちんと栄養を摂取しましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ