プール熱は咳や目の充血がある?お風呂には入らない方が良いのか?

子供がプールに入って
かかってしまう可能性のある病気が
プール熱です。

もちろん、
プールに入るだけではなく、
その他の原因からも
ウイルスが移ってしまうことはあります。

プール熱の患者の数は
急に増加傾向になることがあります。

スポンサーリンク

プール熱はウイルス性疾患

ウイルス性の疾患であるため、
ウイルスが広まるようになれば
どんどん感染者が増えていきます。

 

プールで遊ぶ子供

 

また、
プール熱を完治したとしても、
ウイルスは体の中に残っているため、
他人に移してしまう可能性はあります。

プール熱の主な症状として高熱の他に、
眼が充血してしまったり、
目やにが生じたり、
のどの痛みや咳などがあります。

ただし、
すべての症状が一度に生じるのではなくて、
すべて揃うまでには時間がかかるのが普通です。

また、場合によっては最後まで眼の充血が生じないこともあります。

子供と大人では症状の出方に違いがあることが多いです。

たとえば、
子供のプール熱では
あまり眼の症状が出なかったのに、
大人では眼に強い症状が出るという
ケースがあるのです。

スポンサーリンク

プール熱は非常に強い感染力!

プール熱は非常に感染力の強い病気であり、
咳やくしゃみからも感染する可能性があります。

接触感染する病気のため、
感染者が周囲のものに触れることによって、
そこからウイルスが
どんどん人に移っていくことがあります。

子供が感染してしまい、
それを看病している
大人に移ってしまうケースもあります。

過程内での
感染拡大はたくさんあるため、
気をつけるべきです。

プール熱はお風呂の中でも感染する可能性があります。

お風呂の温度程度ではウイルスは死滅せず、
むしろ良好な環境で生存するため、
感染者の入ったお風呂を誰かが利用すると
ウイルスは移ってしまうでしょう。

もしプール熱にかかってしまったのならば、
すぐに病院へ行きましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ