プール熱の新生児の症状は?園児は保育園にいつから登園出来る?

プール熱は病名にあるように
プールに入ることによって
感染することの多い病気です。

感染力が強い病気のため、
赤ちゃんよりも保育園や
幼稚園に入園した子供の方がかかりやすいです。

 

スポンサーリンク

新生児や子供の症状について

水を介して移ることが多い病気とされていますが、
接触感染でも移ります。

咳やくしゃみなどから移ることもあり、
ウイルスが付着しているものに触ることで
感染するケースもあります。

 

元気にプールで遊ぶ子供

 

夏頃に多く見られる病気であり、
夏風邪の一種です。

家族の誰かが感染していると、
それによって他の家族にもウイルスが移ることがあります。

したがって、
たとえば幼稚園児が感染してしまい、
それが赤ちゃんに移るというケースもあります。

症状としては、
のどに痛みが生じたり、
結膜炎を起こしたり、
目やにが出ることもあります。

それ以外にも急に高熱が出ることもあり、
子供は苦しみます。

新生児に関しては
嘔吐や下痢といった症状が出ることもあり、
結膜炎は生じないことがあります。

 

スポンサーリンク

 

プール熱で失明の可能性も!?

プール熱は比較的診断しやすい病気なのですが、
はやり目と見分けがつきにくいケースがあります。

はやり目はプール熱よりも症状が酷く、
失明することもあるため気をつけましょう。

もし子供にプール熱のような症状が見られる場合には、
すぐに病院で診断してもらいましょう。

プール熱にかかってしまったとしても、
特効薬は開発されていないため基本的には対症療法となります。

プール熱は基本的には小児科を受診するとよいでしょう。

必要ならば、眼科を紹介してもらえます。

1週間ほど経過すれば症状が回復するようになります。

プール熱に関しては症状が出なくなった後でも2日は様子を見ましょう。

これはまだ体の中にウイルスが残っていて、
それを他の子供に移させないためです。

保育園で集団感染することが多いため気をつけてください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ