ヘルパンギーナとヘルペスの違いは!喉や舌の口内炎が出来る?

ヘルパンギーナとは
夏風邪のことであり、
ウイルスに感染すると発症します。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの症状について

高熱が出たり、
のどに痛みが生じるのが特徴であり、
口内炎のような症状が出ることもあります。

歯茎の腫れ

乳幼児がかかってしまうことが多く、
感染が確認されれば
数日間は安静にしておく必要があります。

ヘルパンギーナの患者は
喉が赤くなり、
粘膜に水疱ができます。

これは口内炎の症状であり、
とてもしみてしまうため、
食事をすることが困難となります。

しかし、
きちんと栄養を摂取しないと
病気に対抗することができなくなるため、
ゼリーやアイスクリーム、
プリンなど食べやすいものを摂取しましょう。

ヘルパンギーナと
似た症状のある病気として
ヘルペスがあります。

 

スポンサーリンク

 

ヘルペスとの違いについて

ヘルペスもウイルス性の病気であり、
口内炎ができてしまうのが特徴です。

くちびるや舌、
歯肉が赤くはれるようになり、
強い痛みが生じて熱が伴うこともあります。

子供から大人までが
発症する可能性があるため気をつけましょう。

ヘルペスウイルスは
至るところに存在しているため、
常に感染する危険性があります。

ただし、
ヘルパンギーナとは異なり
特効薬が発見されているため、
薬を飲めばすぐに治療することが可能です。

ヘルパンギーナもヘルペスも乳幼児に多発して、
発熱を伴う点は共通しています。

ヘルペスの方が腫瘍が深く傷みやすいです。

ヘルパンギーナは
完治するまでに1週間ほどかかりますが、
ヘルペスの場合は5日から
長くて2週間くらいかかってしまいます。

ヘルペスには季節性がないため、
注意しましょう。

ヘルパンギーナにはヘルペスとは
違って嘔吐の症状が出ることがあります。

自分でどちらの病気であるのかを
判断することは難しいため、
必ず医師に診断してもらいましょう。

特にヘルペスの場合は
すぐに薬を処方してもらうことが有効です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ