ヘルパンギーナに注意!冬でも大人になっても感染する?予防策について!

ヘルパンギーナは
4歳以下の子供がかかりやすい病気であり、
特に1歳代の時に流行しやすいです。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナは夏風邪代表?

夏風邪の代表的な疾患であり、
毎年7月頃がピークとなっています。

マスクを着けた女の子と保育士

症状としては、
口腔内に発疹ができて、
高熱となるのが特徴的です。

たくさんのウイルスが原因とされており、
色々なウイルスの影響によって
ヘルパンギーナを引き起こされてしまいます。

子供がかかりやすい病気ですが
大人であっても感染することはあります。

大人が感染してしまうと
子供よりも症状が重くなってしまうことが
多いため気をつけましょう。

ウイルス性の感染症のため、
子供がかかっているとそれが家族内で
感染してしまうことがあります。

大人がヘルパンギーナに感染する場合、
多くは子供からの二次感染です。

大人の方が免疫力が強いため
子供よりもかかりにくいですが、
一度発症してしまうと
その症状は重くなりやすいです。

大人が発症してしまった場合には
仕事を控えて安静にしておくべきでしょう。

ヘルパンギーナは夏風邪とされていますが、
実は冬に感染することもあります。

冬は免疫力が低下していることが多いため、
その際に発症しやすくなるのです。

したがって、
一年中体調管理に気をつけて、
体調を崩さないようにすることが大切です。

基本的には高温多湿な環境が
ウイルスは活発に活動するのですが、
たとえば海外旅行に行って、
旅行先で感染するケースもあります。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナの予防接種は存在しない

ヘルパンギーナには
効果的なワクチンや抗ウイルス剤は存在せず、
予防接種は行われていません。

予防策として
夏場はあまり冷たいものばかり
食べ過ぎないようにしましょう。

体を冷やしてしまうと、
それにより体調を崩しやすくなります。

また、
24時間冷房のきいた部屋にいることも
体調を悪くしてしまいます。

暑さに対してある
程度の耐性を持たせることが
重要なのです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ